求める人材像 - BNPパリバ
BNPパリバ 新卒採用

就活イベントや会社説明会で、多くの学生の皆さんから「BNPパリバが求める人材像とは?」という質問をいただきますが、私たちは以下のように考えています。

  1. チームワーク

    外資系金融機関のイメージとして、「仕事は個々人に細分化されていて、社員同士の交流が少なく、一匹狼のように働く」と思われる方も多いかと思います。しかし実際は、「チームワーク」は成功するための重要なポイントです。BNPパリバの職種の一例を挙げると、セールス、トレーダー、リサーチ、商品開発などがあり、これら全ての職種がチームとなり、常に情報を共有し、連携することによって、お客様のあらゆるニーズに応えています。
    チームワークが無ければ、望んでいる成果を導き出すことはできません。

  2. プロフェッショナルマインド

    私達の仕事は、若手から強い責任感が要求されます。言い換ればやる気があれば、様々なチャンスがある環境で仕事ができます。私達は常に要求された仕事をこなしながら、プラスアルファとして相手の期待を超えるような「付加価値」を生み出す努力を惜しみません。BNPパリバのオフィスは、常に活気に溢れていて、エネルギーがみなぎっています。社員1人ひとりは高い目標やマインド設定を兼ね備え、プロフェッショナルマインドを身につけています。
    BNPパリバでは、お互いを刺激し合い、高めていける方を求めています。

  3. コミュニケーション力

    私達の仕事は、お客様であったり社内のチームメンバーであったり、どの職種であっても「人との関わり」があります。コミュニケーションを円滑に図り、信頼関係を築けることが成功の鍵と言えます。コミュニケーション力は「自分の意見を表現する能力」を重要視しがちですが、私達は「相手の意見を良く聞き、正しく理解できる」事も同様に、非常に重要と考えています。自分とは違う考え方や価値観を受け入れる事ができる事、そして自分の意見を上手にアピールできるような魅力を備えていることも必要だと言えます。

「英語力」に関して
東京オフィスでは、30カ国以上の国籍の社員が共に働いており、社内の公用語は英語です。会議はもちろん、電話やEメールを使用する仕事で英語は不可欠です。新卒入社の皆さんも与えられる環境は同じですが、新卒入社の選考では、英語力のレベル制限は設けておりません。確認させていただく点は、英語を使って働く環境や、異文化の人達の間で働く事を楽しみ、必要とされる努力を重ねる覚悟を持っているかどうかという点です。その心構えさえあれば、内定期間中の研修や、入社後のOJTを通じて英語力を高めていけると思っています。語学力如何に関わらず、皆様のご応募をお待ちしております。
BNPパリバでは、就活イベントや会社説明会、そしてインターンシップを通じて社員と触れ合う機会を設けております。
ぜひ、このような機会を通じて皆さまと直接お会いできるのを楽しみにしております。

BNPパリバの「4つのコア・バリュー(基本理念)」