BNPパリバグループ2013年度第4四半期決算 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2014年2月13日 - , , ,

BNPパリバグループ2013年度第4四半期決算

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2014年2月12日にBNPパリバ取締役会が開催され、ボードゥアン・プロ会長が議長を務めるなか、当グループの2013年度第4四半期の業績が検討され、2013年度の財務諸表が承認されました。

事業部門は底堅く推移

2013年度において事業部門は、欧州景気が活気を欠くなかにあっても、よく持ちこたえました。

グループの営業収益は2013年度に388億2200万ユーロとなり、前年度比-0.6%と、ほぼ横ばいでした。2013年度の営業収益には、純額で1億4700万ユーロに上る以下の2つの一時項目が含まれています。すなわち、ロイヤルパーク・インベストメンツの資産売却による影響が+2億1800万ユーロであった一方、自己負債の再評価に関わる修正額(OCA: Own Credit Adjustment)およびデリバティブに関わる債務価値調整額(DVA:Debit Value Adjustment)が合計で -7100万ユーロとなりました。対して、前年度における一過性の収益項目は -15億1300万ユーロに上りましたが、これにはOCAに起因する -16億1700万ユーロが含まれていました。

多様化した業態および事業の地域別構成の恩恵を受けて、事業部門は2013年度に営業収益の粘り強さを証明しました(2012年度比-1.6% の微減)。部門別では、リテールバンキング事業 の営業収益は前年度から安定推移し、インベストメント・ソリューションズ事業では前年度比 +3.8%1 の増収を果たし、コーポレートバンキング・投資銀行(CIB)事業では -8.3%1 の減収となりました。

グループの営業費用は、2013年度に261億3800万ユーロとなり、前年度と比べて1.5%減少しました。当年度の営業費用には、Simple & Efficient計画に関わる一過性の変革費用6億6100万ユーロの影響(前年度は影響なし)に加え、ユーロ高の影響が含まれています。事業部門合計の営業費用は、継続的な経費抑制努力が奏功し0.5%1減少しました。これを部門別にみると、リテールバンキング事業2では0.8%の減少、インベストメント・ソリューションズ事業では2.2%1 の増加、CIB事業では2.4%1の減少でした。

これを受けて、当年度の営業総利益は2012年度比1.2%増加し、126億8400万ユーロに上りました。事業部門合計の営業総利益は、前年度と比べて3.4%1 減少しました。

グループのリスク費用は40億5400ユーロで穏やかな水準にとどまり、融資残高の63bpに相当しました。当年度のリスク費用は前年度から2.9%増加しましたが、これにはとりわけイタリアの依然として厳しい経済環境を反映し、BNLバンカ・コメルシアーレ(BNL bc)において同費用が上昇したことが負担となりました。

グループの2013年度財務諸表にはまた、11億米ドル(7億9800万ユーロ相当)に上る引当金 が記載されています。これは、米国による経済制裁の対象となる主体との金融取引に起因するもので、遡及的検討に基づいて引当てています。

営業外損益は2013年度に3億5700万ユーロの利益となりました。これにはとりわけ-1億7100万ユーロに上る2つの特別項目が影響していました。すなわち、BNPパリバ・エジプトの売却による8100万ユーロの利益に対し、合計-2億5200万ユーロに上る減損損失です。なお、かかる減損損失には、BNL bcののれんに関わる-1億8600万ユーロの減損処理が含まれています。これに対し、2012年度の営業外損益は17億9100万ユーロでしたが、その大半を純額で14億4500万ユーロに上る特別項目が占めていました(クレピエールに対する28.7%持分の売却によるキャピタルゲインが特に寄与)。

以上から、BNPパリバは2013年度に株主帰属純利益48億3200万ユーロを計上しましたが、これは前年度比26.4%の減益となりました。特別項目を除くと、当年度の株主帰属純利益は60億4300万ユーロとなり、前年度比5.3%の減益にとどまります。なお、 特別項目が当年度の株主帰属純利益に及ぼした影響は-12億1100万ユーロに上りますが、これに対し前年度は+1億8400万ユーロでした。

2013年度の自己資本利益率は6.1%となりました(特別項目を除くと7.7%)。また、1株当たり純利益は3.69ユーロでした(特別項目を除くと4.67ユーロ)。

BNPパリバ・グループは盤石なバランスシートを有しています。自己資本比率は高水準にあり、バーゼル3基準全面適用によるエクイティTier 1 比率 は10.3%を達成しています。また、バーゼル3基準全面適用のレバレッジレシオ1は3.7%に上り、これは2018年1月1日以降に発効するレバレッジ規制が要求する最低水準の3.0%を既に上回っています。さらに、グループの即時利用可能な余剰資金は2013年12月末現在2470億ユーロ(対して、2012年12月末現在は2210億ユーロ)に上りましたが、これは短期資金調達との関係で、1年以上の余裕があることを意味します。

1株当たり純資産額 は2013年度に63.60ユーロとなり、2008年12月末からの年平均成長率は6.1%となりました。これはBNPパリバが、1株当たり純資産額を継続的に成長させる能力を有していることを証明するものです。

取締役会は、株主総会において株主に対し、1株当たり1.50ユーロの現金配当を提案する予定です。これは2012年度に関わる配当金と同水準であり、また40.8%の配当性向を意味します。

グループの2014-2016年度事業開発計画の概要が遂に公表されました。危機の間もその粘り強さを証明するとともに、新たな環境において明確な競争優位性を提供する、ユニバーサルバンクのビジネスモデルを確認し、同計画は、2016年度に向けて以下の5つの主要な戦略的優先事項を定義づけています:顧客本位の体制およびサービスを強化;組織およびグループの機能のしかたを簡素化;業務効率の改善を継続;特定の事業を経済・規制環境に適応化;グループが有するノウハウを活用し、事業および地域開発イニシアチブを実施。事業開発計画の目標は、2016年度までに自己資本利益率を最低でも10%に高めるとともに、1株当たり純利益の年間成長率 を2桁台に乗せることにあります。

2013年度第4四半期において、 グループの営業収益は95億6300万ユーロに上り、前年同期比1.8%の増収を果たしました。当四半期において一時項目が僅少であった(自己負債の再評価に関わる修正額およびデリバティブに関わる債務価値調整額が合計で-1300万ユーロ)のに対し、前年同期には一時項目が -3億1300万ユーロに上りました。事業部門合計の営業収益は当四半期に前年同期比 0.4% 増加しました。

営業費用は当四半期に1.6%増加し69億700万ユーロとなりました。当四半期の営業費用には、Simple & Efficient 計画に関わる一過性の変革費用2億8700万ユーロの影響(前年同期は影響なし)に加え、 ユーロ高が影響を及ぼしていました。事業部門合計の営業費用は当四半期に2.6%4 増加しましたが、これにはインベストメント・ソリューションズ事業およびCIB事業における事業開発投資と当四半期の一過性の項目が影響していました。

これらを受けて、営業総利益は当四半期に26億5600万ユーロに上り、前年同期比2.4%増加しました。

リスク費用は当四半期に10億7500万ユーロとなり、融資残高の68bp相当となりました。これは2012年度第4四半期と比べて10.3%の減少でした。

グループの当四半期の財務諸表にはまた、11億米ドル(7億9800万ユーロ相当)に上る引当金 が記載されています。これは、米国による経済制裁の対象となる主体との金融取引に起因するもので、遡及的検討に基づいて引当てています。

営業外損益は、当四半期に-1700万ユーロ(前年同期は-2億4900万ユーロ)となりましたが、これには減損損失 -2億5200万ユーロが含まれていました(前年同期は-3億4500万ユーロ)。

これらの特別項目の影響を受けて当四半期の税引前利益は7億6600万ユーロとなり、前年同期比33.2%の減少でした。

以上から、BNPパリバ・グループの2013年度第4四半期の株主帰属純利益は1億2700万ユーロとなり、前年同期比75.5%の減益でした。当四半期には特別項目-12億3200万ユーロ(対して前年同期は-5億3700万ユーロ)が計上されましたが、これを除くと当四半期の株主帰属純利益は13億5900万ユーロに上り、前年同期比 28.7%の増益となります。

2013年度第4四半期決算プレスリリース(全文)

Baudouin Prot and the Board examined the Group’s results for the fourth quarter and endorsed the 2013 financial statements.

OPERATING DIVISIONS HELD UP WELL
The Group’s operating divisions held up well in 2013 in a lacklustre economic environment in Europe.

Revenues were 38,822 million euros, down 0.6% compared to 2012. They include this year two exceptional items that total a net of 147 million euros: the 218 million euro impact of the sale of the assets of Royal Park Investments and a -71 million euro Own Credit Adjustment (OCA) and own credit risk included in derivatives (DVA). The one-off revenue items last year totalled -1,513 million euros and they included a -1,617 million euro impact from the OCA.

Thanks to a diversified business and geographic mix, the operating divisions confirmed the good resilience of their revenues (-1.6%1 compared to 2012): revenues were stable1 at Retail Banking2, up 3.8%1 at Investment Solutions, and down 8.3%1 at Corporate and Institutional Banking (CIB). Operating expenses, which totalled 26,138 million euros, were down 1.5%. They include this year the impact of the one-off 661 million euro Simple & Efficient transformation costs (no impact in 2012) and the effect of the appreciation of the euro. The operating expenses of the operating divisions were down 0.5%1, reflecting the ongoing containment of operating expenses, with a 0.8%3 decline for Retail Banking2, a 2.2%1 increase for Investment Solutions and a 2.4%1 decline for CIB.

Gross operating income thus rose by 1.2% during the period to 12,684 million euros. It was down 3.4%1 for the operating divisions.

The Group’s cost of risk was at a moderate level, at 4,054 million euros, or 63 basis points of outstanding customer loans. It rose by 2.9% compared to last year due in particular to an increase at BNL bc as a result of the still challenging economic environment in Italy.

The Group’s financial statements also include this year a 1.1 billion US dollar provision4, or 798 million euros, related to the retrospective review of US dollar payments involving parties subject to US economic sanctions.

Non operating items totalled 357 million euros. They include in particular this year two exceptional items that totalled -171 million euros: the 81 million euro impact from the sale of BNP Paribas Egypt and a total of -252 million euros in impairments, which includes a -186 million euro impairment of BNL bc’s goodwill. Non operating items came to 1,791 million euros in 2012 and included in particular 1,445 million euros in exceptional items (impact in particular of the sale of a 28.7% stake in Klépierre SA).

BNP Paribas thus generated 4,832 million euros in net income attributable to equity holders, down 26.4% compared to 2012. Excluding exceptional items, the total impact of which this year totalled -1,211 million euros compared to +184 million euros in 2012, the net income attributable to equity holders came to 6,043 million euros, down 5.3% compared to last year. Return on equity was 6.1% (7.7% excluding exceptional items). Net earnings per share totaled €3.69 (€4.67 excluding exceptional items).

The Group’s balance sheet is rock-solid. Solvency is high with a 10.3% fully loaded Basel 3 common equity Tier 1 ratio4 and a 3.7% fully loaded Basel 3 leverage ratio4, above the 3.0% regulatory threshold applicable effective from 1st January 2018. The Group’s immediately available liquidity reserve was 247 billion euros (221 billion euros at the end of 2012), equivalent to over one year of room to manoeuvre in terms of wholesale funding.

The net book value per share6 was 63.60 euros, or a compounded annualised growth rate of 6.1% since 31 December 2008, demonstrating BNP Paribas’ ability to continue to grow the net asset value per share.

The Board of Directors will propose to shareholders at the Shareholders’ Meeting to pay out a dividend of €1.50 per share to be paid in cash, stable compared to last year, which equates to a 40.8% pay-out ratio.

The Group finally unveiled the broad outlines of its 2014-2016 business development plan. Confirming its universal bank business model that demonstrated its resilience during the crisis, and which is a clear competitive advantage in the new environment, it defines five major strategic priorities for 2016: enhance client focus and services, simplify the organisation and how the Group operates, continue improving operating efficiency, adapt certain businesses to their economic and regulatory environment and implement business and regional development initiatives by leveraging the Group’s expertise. The goal is to achieve at least 10% return on equity by 2016 and double digit annual growth of net earnings per share7.

In the fourth quarter 2013, revenues were 9,563 million euros, up 1.8% compared to the fourth quarter 2012, with negligible exceptional items (-13 million euros in Own Credit Adjustment (OCA) and own credit risk included in derivatives (DVA)) compared to a -313 million euro impact during the same period a year earlier. The operating divisions’ revenues rose by 0.4%1.

Operating expenses rose by 1.6%, to 6,907 million euros. They include this quarter the exceptional 287 million euro impact of the Simple & Efficient transformation costs (no impact in 2012) and the effect of the appreciation of the euro. The operating divisions’ operating expenses rose by 2.6%1 due to business development investments at Investment Solutions and CIB as well as one-time effects this quarter.

Gross operating income thus came to 2,656 million euros, up 2.4% compared to the fourth quarter 2012.

The cost of risk, at 1,075 million euros, or 68 basis points of outstanding customer loans, decreased by 10.3% compared to the fourth quarter 2012.

Read the press release (PDF)