BNPパリバグループ 2014年第1四半期決算 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2014年5月8日 - , , ,

BNPパリバグループ 2014年第1四半期決算

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2014年4月29日にBNPパリバ取締役会が開催され、ボードゥアン・プロ会長が議長を務めるなか、当グループの2014年度第1四半期の業績が検討されました。

株主帰属純利益は堅調推移で17億ユーロを達成、また2014-2016年度事業開発計画の実施開始

欧州景気が依然として活気を欠くなかにあっても、グループは当四半期に堅調な収益を上げました。

営業収益は99億1300万ユーロとなり、2013年度第1四半期と比べて0.6%減少しました。当四半期の営業収益には、純額で+2億3700万ユーロに上る2つの一時項目が含まれていました。内訳は、投資先企業に対する持分売却による一時項目としてのキャピタルゲインが+3億100万ユーロ計上されたのに対し、自己負債の再評価に関わる修正額(OCA:Own Credit Adjustment)およびデリバティブに関わる債務価値調整額(DVA:Debit Value Adjustment)が合計で-6400万ユーロ計上されました。前年同期には、営業収益の一時項目が合計で +1億4900万ユーロ計上されていました。

事業部門合計の営業収益は、2013年度第1四半期からほぼ横ばいでした(-0.2% (1))。これを事業部門別にみると、リテールバンキング事業(2)で+0.8%(1)、インベストメント・ソリューションズ事業で+2.7%(1)、そしてコーポレートバンキング・投資銀行事業では底堅く推移し-3.7%(1)となりました。

営業費用は当四半期に63億8200万ユーロとなり、前年同期から1.4%減少しました。当四半期の営業費用には、Simple & Efficient計画に関わる一過性の変革費用1億4200万ユーロが影響しています(前年同期には1億5500万ユーロを計上)。事業部門合計の営業費用は前年同期と比べて1.8%1増加しましたが、これは継続的なコスト抑制努力が奏功した一方で、2014-2016年度事業開発計画の実施が負担となったことを反映しています。これを事業部門別にみると、リテールバンキング事業(2) では1.2%(1) の増加、インベストメント・ソリューションズ事業では2.3%(1) の増加、CIB事業では2.8%(1) の増加でした。

営業総利益は、当四半期に前年同期比0.8%増加し35億3100万ユーロとなりました。なお、事業部門合計では、前年同期比3.6%(1) の減少となりました。

グループのリスク費用は、当四半期に前年同期から1億7300万ユーロ増加し、10億8400万ユーロとなりました(融資残高の68bpに相当)。増加の主要因として、東欧で発生した非常事態に起因するポートフォリオの引当金1億ユーロに加え、イタリアの経済環境が依然として厳しいことから不良債権引当金を積み増したことが挙げられます。

その結果、当四半期の税引前利益は25億4700万ユーロとなり、前年同期と比べて3.7%減少しました。

2013年第4四半期にBNPパリバ・フォルティスに対するベルギー政府の持分を取得したことが主に影響し、少数株主持分が1億5600万ユーロ減少したことから、BNPパリバの株主帰属純利益は16億6800万ユーロに上り、2013年度第1四半期と比べて5.2%の増益を果たしました。一時項目は、2013年度第1四半期同様、当四半期においても純利益に影響しませんでした。自己資本利益率は年率換算後で7.2%となりました。また、当四半期の1株当たり純利益は1.30ユーロとなりました。

BNPパリバ・グループは盤石なバランスシートを有しています。自己資本比率は極めて高水準にあり、バーゼル3基準全面適用によるエクイティTier 1比率(3) は10.6%に達しています。また、バーゼル3基準全面適用のレバレッジ比率(3)は3.7%(4)に上っています。さらに、グループの即時利用可能な余剰資金は、2014年3月末現在で2640億ユーロに上りましたが(対して、2013年12月末現在は2470億ユーロ)、これは短期資金調達との関係で1年以上の余裕があることを意味します。


(1) 連結範囲変更および為替レート変動による影響を除く。
(2) 国内市場部門、バンクウェストおよびTEBのプライベート・バンキングの100%を含み 、PEL/CELの影響を除く。
(3) 経過措置なしで全ての資本要求指令4(CRD4)を考慮し算定した比率。
(4) 今後Tier 1資本として算入不能になる項目を、算入可能な項目に置き換えて算定。

2014年度第1四半期決算プレスリリース(PDF)