BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社の新社長に島崎 亮平が就任 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2014年6月25日 - , , ,

BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社の新社長に島崎 亮平が就任

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2014年6月25日 -東京 BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社   (東京都千代田区)は、2014年6月25日付で島崎 亮平(しまざき りょうへい)がCEO・代表取締役社長に就任することを発表しました。島崎は前CEO・代表取締役社長の ティノ・モレースの後任としてCEO・代表取締役社長に就任し、アジア・太平洋地域担当CEOヴァンサン・カメランクにレポートすることになります。モレースは、2014年8月に香港にて新たな役職に着任する予定です。 

島崎は、BNPパリバ インベストメント・パートナーズの日本市場における事業活動全般を統括します。30年近くにわたる金融業界の経験を有し、直近ではベアリング投信投資顧問株式会社代表取締役社長を務めていました。島崎は、英国ロンドンのロバートフレミング投資顧問会社において、ファンド・マネージャーとしてキャリアをスタートし、その後はアジアや欧州地域にて、ベアリング・ブラザーズやINGベアリング証券を始めとする金融機関の要職を歴任しました。 

この度の就任に際し、島崎は次のように述べています。「BNPパリバ インベストメント・パートナーズの一員となり、また、BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社のCEOとして、一翼を担う機会に恵まれたことを非常に光栄に思います。世界でもトップクラスの運用サービスを誇るチームの一員として、日本における事業のさらなる拡大と 多様な投資機会をお客様に提供することを楽しみにしております。」

BNPパリバ インベストメント・パートナーズのアジア・太平洋地域担当CEOヴァンサン・カメランクは次のように語っています。

「日本の資産運用業界において、島崎氏が培った実績と幅広い人脈、また高い評価は、BNPパリバ インベストメント・パートナーズにとって大きな利益となり、また事業の更なる 成長を加速させることになると確信しています。」

 

BNPパリバ インベストメント・パートナーズ

BNPパリバ インベストメント・パートナーズはBNPパリバ・グループの資産運用部門として、世界中の機関投資家や個人投資家向けに、様々な資産運用サービスを提供しています。

顧客サービスを重視した組織は、機関投資家向け資産運用サービス、銀行や証券会社などの販売会社を通じた個人投資家向けサービス、アジア・太平洋・新興国地域向けサービスの3つのビジネスラインで構成されています。各資産クラスに精通した約700名の運用担当者が、世界に拡がる運用拠点にて資産運用サービスを展開しています。総運用資産残高は4,880億ユーロ*を有し、ヨーロッパで第7位*の規模を誇っています。

*出所:BNPパリバ インベストメント・パートナーズ 2014 年3月末現在(助言を含む)