債券投資を通じた社会貢献事業 世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の購入 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2016年3月1日 - , , ,

債券投資を通じた社会貢献事業 世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の購入

友人に転送友人に転送 印刷印刷

株式会社七十七銀行、世界銀行、BNPパリバ証券株式会社

株式会社七十七銀行(頭取 氏家照彦)は、この度、世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行:IBRD)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンド(私募形式、4,000万ドル、約45億円相当)へ投資しましたのでお知らせいたします。

世界銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資については、邦銀としては七十七銀行が初となり、投資した資金は、開発途上国の持続的発展を目的とするプロジェクトへの融資案件に活用されます。

世界銀行は、開発途上国の極度の貧困を一世代のうちに終わらせることと、公平性のより一層の推進を通じて、「繁栄の共有」を促進することを使命としております。

サステナブル・ディベロップメント・ボンドは、世界銀行が開発途上国の貧困削減および開発支援のために取り組む、教育・保健・インフラ・行政・農業・環境等の幅広い分野のプロジェクトを支えるために国際資本市場で発行されます。本私募債の引受ディーラーにはBNPパリバが指名され、発行のアレンジを担当しました。

七十七銀行が拠点を置く東北地域は、東日本大震災の際、世界中の皆様から多大なご支援を賜りました。今回のサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資については、預金者の大切な資金を安定的に運用すると同時に、震災時に頂いたご支援に少しでも報いることのできる手法であると位置づけており、今後も同様の投融資等を通じて、社会貢献に取り組んで参ります。

 

リリースの全文はこちらをご覧ください。