BNPパリバ銀行東京支店長にニコラ・ピレを任命 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2016年9月26日 - , ,

BNPパリバ銀行東京支店長にニコラ・ピレを任命

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2016年9月26日、東京発‐BNPパリバ銀行東京支店は、ニコラ・ピレ(Nicolas Pillet)が、10月1日付で支店長に就任する人事を発表いたします。現支店長の今井正之は、パリ本店に異動する予定です。副支店長は引き続き、石河達久が務めます。

ニコラ・ピレは、フランス政府保有株式監督庁などに勤務した後、2008年にBNPパリバに入社し、パリでグループ財務統括本部を統括していました。その後、ホールセール・バンキング事業部門のAPAC地域 投資銀行本部 副本部長(香港)に就任いたしました。今後ニコラ・ピレは、BNPパリバ銀行東京支店 在日代表のフィリップ・アヴリルにレポートすることになります。

今井正之は、日系企業統括本部長(欧州・中東・アフリカ地域)としてパリ本店に異動する予定です。今後も引き続き、BNPパリバ銀行は、欧州・中東・アフリカ地域30か国以上において、日本の主要企業向けに多種多様なプロダクトやサービスを提供して参ります。今井は1995年にパリバ銀行(現BNPパリバ銀行)に入行し、コーポレートバンキング・投資銀行業務、商品開発業務を担当した後、2006年にBNPパリバ銀行東京支店投資銀行本部長、2012年に支店長に就任いたしました。

フィリップ・アヴリルは、「BNPパリバ銀行は、今後も日本企業の海外進出支援と、グローバル企業の日本におけるビジネス展開のサポートを強化していく予定です。その中でニコラ・ピレの新支店長就任を大変嬉しく思います。また、現支店長の今井正之は、今後も東京支店と緊密な連携を取りながら欧州・中東・アフリカ地域における日本企業のビジネス展開に大きく寄与していくことを期待しています」と述べています。