債券投資を通じた社会貢献事業 世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の購入 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2016年11月21日 - , ,

債券投資を通じた社会貢献事業 世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の購入

友人に転送友人に転送 印刷印刷

株式会社北越銀行、世界銀行、BNPパリバ証券株式会社

株式会社北越銀行(頭取 荒城 哲)は、この度、世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行:IBRD)が発行する2件のサステナブル・ディベロップメント・ボンド(私募形式、総額2,000万ドル、約21億円相当)へ投資しましたのでお知らせいたします。

世界銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資した資金は、開発途上国の持続的発展を目的とするプロジェクトへの融資案件に活用されます。

世界銀行は、開発途上国の極度の貧困を一世代のうちに終わらせることと、公平性のより一層の推進を通じて、「繁栄の共有」を促進することを使命としております。

サステナブル・ディベロップメント・ボンドは、世界銀行が開発途上国の貧困削減および開発支援のために取り組む、教育・保健・インフラ・行政・農業・環境等の幅広い分野のプロジェクトを支えるために国際資本市場で発行されます。本私募債の引受ディーラーにはBNPパリバが指名され、発行のアレンジを担当しました。

北越銀行は、営業拠点である新潟県の県鳥「トキ」の保護活動に協力し、毎年役職員が寄付を行っています。他にも絶滅危惧種の動植物保護活動や、棚田の田植え等のボランティア活動を通じ、各種環境保全活動に積極的に参加して参りました。

今回のサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資については、預金者の大切な資金を安定的に運用すると同時に、より幅広く社会に貢献できる手法であると考えております。今後も同様の投融資等を通じて、社会貢献に取り組んで参ります。

BNPパリバは、資金が環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、世界銀行と共に取り組んでいるサステナブル・ディベロップメント・ボンドの販売はその一環です。

債券(世銀債)の発行を通じて投資家の皆様から世界銀行が借入れた資金は、以下のような様々なプロジェクトへの資金貸出に活用されます。こうしたグローバルな社会貢献性をより多くの投資家の皆様に知っていただくべく新たに導入されたコンセプトがサステナブル・ディベロップメント・ボンド―開発途上国の持続可能な発展を支える世銀債―です。

○ 人材への投資:保健ならびに教育関連

○ 環境保護

○ 途上国政府の機能の高度化:国民へのサービス、効率性、透明性を高めるための各種支援

○ 途上国の安定的なマクロ経済の発展を促すべく、長期で安定的な資金を貸出

○ 貧困削減にとって非常に重要な、社会基盤の発展、ガバナンス、政府機関の高度化等の促進

リリースの全文はこちらをご覧ください。