BNPパリバ ニュース & プレスリリース
corp_inst_cib1
2017年3月29日 - ,

Mobility Days – 世界各国でグループ内のキャリア異動を推進するイベントを150以上実施 #MobDays17

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2017 年3月29日 パリ発(抄訳) – BNPパリバは今年で4回目を数えるMobility Daysを3月27日から4月14日までグループ全体で実施します。2017年のMobility Days ではヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカ、アジアから35か国が参加し、キャリア構築のための社内異動を支援するプロモーションが行われます。

期間中、BNPパリバ・グループ全体で、150以上の社内イベントが行われ、グループの様々な業務やビジネス、海外や関連会社での業務を知る機会が社員に提供されます。またマネージャーや人事担当者と社員のキャリアについてディスカッションする30のジョブフォーラム、32のプレゼンテーションやセミナー、履歴書の書き方などをアドバイスする50のスキル研修ワークショップなども同時に開催されます。

今年はグループ全体で8,000人以上の社員がMobility Days に参加する予定です。また、#MobDays17 ハッシュタグで Twitter 上でツイートを行うほか、BNPパリバ公式 Snapchat アカウントでは社員がBNPパリバの企業理念の一つである、「Good Place to Work 」(すべての社員が公平に扱われ、敬意を持って接することで最良の職場環境が実現する)を体現する動画を投稿します。

社内でのキャリア異動は、BNPパリバと社員との信頼関係の中核を成すものです。2016年は、15,300のオープンポジションが社内公募サイトに掲載されました。これは前年と比較して約25%増、3年間では+108%の増加となります。また、2016年には約5,000のオープンポジションが社内異動によって実現しました。この数字は、前年と比較して2%増、過去3年間では66%増加しています。

2017年2月、BNPパリバは人事ポリシーが高く評価され、
4年連続で「Top Employer Europe」を受賞しています。

※このニュースは、2017年3月29日にパリで発表されたプレスリリースの一部を抜粋、抄訳したものです。原文をご覧になる場合はこちらをクリックしてください。