BNPパリバ、シンガポールにて持続可能な未来を創るための国際会議を開催 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2017年10月26日 -

BNPパリバ、シンガポールにて持続可能な未来を創るための国際会議を開催

友人に転送友人に転送 印刷印刷

BNPパリバは、2017年10月26日、シンガポールにおいて、第2回目となるSustainable Future Forum(持続可能性に関する国際会議)を開催します。本会議では世界中の有識者を招き、持続可能な未来に向けての変革と挑戦について議論します。

今年の会議では、アジア太平洋地域におけるエネルギー転換、民間資本の社会発展に向けての転換、そして持続可能性とリターンの関連性についての議論を中心に行います。

BNPパリバ アジア太平洋部門 最高経営責任者(CEO)のエリック・レイノーは本会議開催にあたり、以下のようにコメントしています。「持続可能性がビジネスとして成立するかを議論している時間はありません。今必要なことは、どのようにサステナブル金融や投資メカニズムを具体的にグローバル規模で実現するかです。」

BNPパリバは、The bank for changing world という自社のブランドのもと、持続可能な未来に向けての取り組みを続けています。2017年10月11日に発表した、「エネルギー転換への支援加速に向けて更なる方針」もその一環となります。

また、Sustainable Future Forumは女子プロテニスツアー最終戦「BNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール」と並行して実施されています。BNPパリバでは、持続可能な未来の実現にはジェンダー(性別)平等も不可欠だと考えます。

Sustainable Future Forumでは、国連環境計画(UNEP)事務局長のエリック・ソルハイム氏と女子テニスの名プレーヤー マルチナ・ナブラチロワ氏が基調講演を行い、Singapore Power、Olam、オーストラリア経済協議会、AGL Energyなど、アジア太平洋地域の代表的な企業のリーダーが、スピーカーやパネリストとして登壇し、持続可能性について講演やパネルディスカッションを行います。

Sustainable Future ForumはBNPパリバが投資家や企業に向けて持続可能な未来を創っていく機会として、昨年初めてシンガポールで開催しました。今年は10月4日にパリでの開催を皮切りに、10月26日にシンガポール、さらに今後数週間にサンパウロとニューヨークでの開始も予定しており、世界4か国での開催となります。

 

※このリリースは、2017年10月26日にシンガポールで発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文をご覧になる場合はこちらをクリックしてください。