第41回全国選抜高校テニス大会をプラチナパートナーとして協賛 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2019年3月20日 - ,

第41回全国選抜高校テニス大会をプラチナパートナーとして協賛

友人に転送友人に転送 印刷印刷

BNPパリバは、2019年3月20日から26日にかけて、福岡県で開催される第41回全国選抜高校テニス大会(主催:公益財団法人日本テニス協会、公益財団法人全国高等学校体育連盟)を、プラチナパートナーとして協賛いたします。

本大会は、地区大会を勝ち抜いた男女各48の高校が一堂に会し、高校テニス界の頂点を決める大会です。高校総体(インターハイ)、国体と並ぶ高校テニスにおける3大大会として位置付けられます。今年の大会では850名を超える選手が1週間にわたる熱戦を繰り広げます。

BNPパリバは、45年間に渡り世界のさまざまなテニス大会をサポートしてまいりました。現在では世界屈指のテニススポンサーとして、数々のテニス大会を支援し、個人戦、車いすテニス、チーム戦、アマチュア大会、初心者からプロのトーナメントまで、様々なテニスの大会に長期的にサポートしています。日本においても男子の国別対抗戦「デビスカップ by BNPパリバ」、4月に大阪にて日本対オランダの試合が予定されている女子の国別対抗戦「フェドカップ by BNPパリバ」などの国際大会のタイトルスポンサーを務めています。また、2018年2月から若い選手達がプロのテニスの魅力を体感し、将来有望なテニスプレーヤーとして世界に羽ばたくことを願い、全国各地の高校生をBNPパリバが協賛する大会に無料で招待する「BNPパリバ We Are Tennis シート」を日本で展開しています。

日本でのテニスへの注目が高まる中、BNPパリバは引き続き高校生の大会をサポートし、この大会で将来有望なプレーヤーの熱戦を期待するとともに、多くの学生がテニスの魅力を体感し、選抜から世界に羽ばたくことを願っております。

本大会の概要は次の通りです。

第41回全国選抜高校テニス大会

2019 年3月20日(水)~26日(火)

主催    公益財団法人 日本テニス協会、公益財団法人 全国高等学校体育連盟

後援    スポーツ庁、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、九州テニス協会、NHK福岡放送局、福岡県高等学校体育連盟(申請中)

スペシャルパートナー アメアスポーツジャパン株式会社 Wilson

プラチナパートナー     BNPパリバ・グループ

会場

博多の森テニス競技場 (福岡市博多区東平尾公園1-1-1)
福岡県営春日公園テニスコート(福岡県春日市原町3-1-4)

公式ホームページ: http://senbatsutennis.com/

BNPパリバとテニス

1973年にテニスへのスポンサーを開始して以来、BNPパリバは、テニスへのさまざまな支援活動に取り組んできました。現在では世界屈指のテニススポンサーとして、数々のテニス大会を支援しています。個人戦、車いすテニス、チーム戦、アマチュア大会、初心者からプロのトーナメントまで、様々なテニスの大会に企業として長期的にサポートしています。

2011年以来、BNPパリバはwearetennis.comのウェブサイトとそのソーシャルネットワークを通じてATP、WTA、ITFに関する最新情報を提供し、全世界のテニスファンのコミュニティを作っています。 また2015年以来、We Are Tennis Fan Academyを通じて、世界中のファンが嘗てないほどテニスへ情熱を傾けるよう取り組んでいます。またクラウドファンディング・プロジェクトを通じて、フランス国内でテニスをサポートしています。2012年に、慈善事業プログラム「We Are Tennis Solidaire」を開始しました。本プログラムを通じて、病院で治療を受けている子供とその家族が、テニスに触れ、プレーできるスペースの設置や設備改築の支援を行っています。また定期的にテニス関連のイベントを病院や試合会場で開催しています。