BNPパリバ BNPパリバについて
about_jp

日本市場に根差す外資系金融機関

BNPパリバグループは、欧州を本拠とする世界有数の金融グループです。ユーロ圏トップクラスの収益力を誇り、欧州はもちろん米国およびアジアにおいてもプレゼンスを拡大しています。

日本でも長期にわたり、深い知識と揺ぎない実績とを蓄積し、日本市場に根差した外資系金融機関としての地位を築いてきました。

BNPパリバと日本との関わりは、今から140年以上前の幕末まで遡ります。慶応3年(1867年)、パリ国立銀行の前身である国立パリ割引銀行が横浜支店を開設、明治40年(1907年)には、パリバが日本政府による欧州市場での外債発行に参画しました。

現在日本では700名を超えるスペシャリストが、証券銀行投信投資顧問保険など、多様なビジネスを展開しています。

BNPパリバは、グループのもつ最先端の金融技術と提案力、豊富な資金力と高い格付けに裏付けられた信用力を背景に、日本のお客様のニーズに応じた革新的かつ高度な金融サービスを提供しております。

アジア・太平洋地域のBNPパリバ

BNPパリバは、古く1860年にアジア太平洋地域に拠点を開設して以来、絶えることなくこの地で業務を続けてまいりました。現在では域内14の市場で12,000人*の社員が、事業法人、機関投資家、個人投資家を対象とした金融業務に携わっています。同地域のお客様特有のニーズにお応えする金融商品やソリューションを提供し、業務基盤はコンスタントに拡大しています。コーポレートバンキング、インベスメントバンキング、ウェルスマネジメント、資産運用、証券管理、保険、リテールバンキング及び、戦略的パートナーシップを介したコンシューマーファイナンシングなど、幅広い金融サービスを提供します。

*パートナー事業は除く