BNPパリバ WTAファイナル シンガポール presented by SC Global - BNPパリバ
BNPパリバ WTAファイナル シンガポール

BNPパリバ WTAファイナル シンガポール presented by SC Global

友人に転送友人に転送 印刷印刷

BNPパリバ WTAファイナル シンガポール presented by SC GlobalはWTA(女子テニス協会)の最高峰のイベントで、シンガポールのシンガポール・スポーツ・ハブにて開催されます。今年は10月23日~30日に開催され、女子シングルス・ダブルスのそれぞれトップ8の選手が700万米ドルの賞金をかけて競い合います。

3年目となる今年は10月22日(土)に始まるファン・フェスティバルを皮切りにエキサイティングな1週間が始まります。大会初日の10月23日(日)には、今年は初めて、子供からお年寄りまで家族みんなが大会を楽しめるファミリー・デーを開催します。シングルスならびにダブルスの決勝は10月30日(日)を予定しています。詳細なスケジュールについては、こちらをご覧ください。

BNPパリバ WTAファイナル シンガポールは、年間33か国で開催される54の大会と4つのグランドスラムを経て、ランキング上位8選手のみが参加できる特別な大会です。世界中の女子テニス選手たちが目指す名声高き最高峰の大会であり、優勝の行方も世界中のテニスファンが固唾をのんで見守ります。


 

_DSC9051
来賓向けエリア
1451
抽選セレモニー
1211
抽選セレモニー
_DSC02261
テニス体験会

大会概要

正式名称: BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global (BNPパリバ WTA ファイナル シンガポール presented by SC Global)
概要: WTA大会の決勝大会と位置づけられ、シングルス8選手、ダブルス8組が年間を通じて最高の賞金をかけて対戦
公式ウェブサイト: www.WTAFinals.com
チケット販売: www.sportshub.com.sg/WTAFinals
ソーシャルメディア: LinkedIn (www.linkedin.com/company/bnp-paribas)
Twitter (@WeAreTennis)
Youtube (www.youtube.com/user/bnpparibasapac/featured)
前回大会優勝者: シングルス:アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド) / ダブルス:マルチナ・ヒンギス(スイス)、サニア・ミルザ(インド)ペア
ハッシュタグ: #wtafinals, #supporttennis
開催日: 2016年10月23日~10月30日
会場: Singapore Indoor Stadium, Singapore Sports Hub
WTAファイナル レジェンド アンバサダー: マルチナ・ナブラチロワ=グランドスラム優勝回数59回 アランチャ・サンチェス・ビカリオ=WTAシングルス優勝回数29回、ダブルス優勝回数69回

大会について

  • 2016年で46回目の開催を迎える(1972年 第一回大会)
  • アジア太平洋地域の開催はシンガポールが初
  • シンガポールでは2014年から2018年まで、5年連続開催を予定
  • 過去は世界9都市で開催。ボカラトン (1972-73)、ドーハ (2008-10)、イスタンブール (2011-13)、ロサンゼルス (1974-76, 2002-05)、マドリッド (2006-07)、ミュンヘン (2001)、ニューヨーク (1979-2000)、オークランド (1978)
  • 優勝経験者は計18人、そのうち15人が世界ランク1位。世界ランク1位でない過去の優勝者はハニカ (1982)、サバティーニ (1988, 1994)、ノボトナ (1997)、クビトバ (2011)
  • 優勝者は世界10か国より輩出。アメリカ (17)、ドイツ (6)、ベルギー (5)、チェコ (4)、ユーゴスラビア (3)、アルゼンチン (2)、オーストラリア (2)、スイス (2)、フランス (1)、ロシア (1)
  • WTAファイナル初出場にして決勝進出を果たしたのは過去8人。セリーナ・ウィリアムズ (2001)、マリア・シャラポワ (2004)、ペトラ・クビトバ (2011)の3人は初出場初優勝。準優勝は、トレーシー・オースティン (1979 R-Up)、アンドレア・ジェーガー (1981 R-Up)、リンゼイ・ダベンポート (1994 R-Up)、マルチナ・ヒンギス (1996 R-Up)、シモナ・ハレップ (2014 R-Up)