お客様本位の業務運営に関する方針 - BNPパリバ

お客様本位の業務運営に関する方針

友人に転送友人に転送 印刷印刷

平成29年7月
改定: 平成31年3月

BNPパリバ証券株式会社及びビー・エヌ・ピー・パリバ銀行東京支店(以下、併せて「当社」といいます。)が所属するBNPパリバ・グループは、「BNPパリバウェイ」と名付けられた基本理念を採用し、全社員がそれに基づいて業務を行っています。当社の「お客様本位の業務運営に関する方針」はこの基本理念に基づき定められています。

この基本理念はBNPパリバ・グループの多くの社員の協働作業により策定され、各社員が日々の行動において拠りどころにしなければならないものとされています。BNPパリバ・グループの行為規範(BNPパリバ・グループ行為規範(原文)については、こちらをご覧下さい。)では、基本理念を以下のように記載しています:

私たちの強み:
安定性 / 責任 / 専門性 / 良い職場

私たちの行動の原動力:
機動性 / コンプライアンス文化 / 顧客の満足 / オープンであること

そして、当社において、これら基本理念に沿う重要なコンセプトが、「お客様を最優先に考えて、行動する。」という哲学です。

当社は、業務運営において、常にオープンかつ責任ある態度で、最高水準のコンプライアンスと
倫理の基準をもって顧客のニーズに対応すること、選択した事業で卓越した成果を達成するため、BNPパリバ・グループ内の専門的知識・経験を結集すること、私たちの行動が、広い社会に及ぼす影響について考えること、をモットーにしております。

本邦における金融商品取引業者または銀行である当社は原則として法人または機関投資家であるお客様とお取引をしております。そこで、当社による各お客様への対応は、その投資経験、知識、専門性等の諸要素を考慮し、反映したものとなります。

当社は、当社がインベストメント・チェーンの中で担う役割についても十分に理解し、BNPパリバ・グループ行為規範を遵守して、当社の直接の取引相手方である法人様または機関投資家様のみならず、最終投資家でいらっしゃる個人のお客様についても配慮した業務を心掛けて参ります。

当社は、本方針について定期的に見直しを行います。また、本方針への取り組み状況については日々の管理の枠組みの中で評価し、継続的に、当社がお客様に提供するサービスのレベルの改善をして参る所存です。

当社は、金融庁が平成29年3月に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の七つの原則を全て採択し、以下の記載に従い、BNPパリバウェイに沿って、今後の業務運営に取り組んで参ります。今後ともご指導・ご鞭撻、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

1. お客様の最善の利益の追求

BNPパリバ・グループ行為規範の「行為基準」のセクションにおいて、7つの項目が挙げられておりますが、その中の最初の項目が「お客様の利益」の尊重です。BNPパリバ・グループにおいてこの項目について挙げられている基本理念(私たちの強みおよび行動の原動力)は、下記の通り記載されております:

  • 専門性
  • お客様の満足
  • コンプライアンス文化

私たちは、お客様の最善の利益を守ることについて強くコミットし、特に以下の点に留意して、取り組んでおります。

  • BNPパリバ・グループが事業活動をしているマーケットにおいて適用される、お客様の権利を保護するルールを理解し、それを遵守する
  • お客様の利益に配慮して商品の設計・組成を行う
  • お客様に容易に説明できる商品を販売する
  • 商品は、お客様が理解できるものでなければならない
  • 適用法令および諸規則に従い、公正かつ透明性のある価格設定を行う
  • 当社の事業活動が適用法令(税法も含む)および諸規則を遵守したものとなるようにする
  • お客様の承認(例えば、委任または指図)なしには、お客様のための行為はしない

BNPパリバ・グループはお客様に対して負う責任をビジネス戦略の中心的要素としております。顧客利益の保護はBNPパリバ・グループの企業文化の根幹をなす一要素であり、また、グループの社員全員の責任と理解しております。

 

2. 利益相反の適切な管理

当社におきまして、お客様の利益と当社の利益が相反しうる場合に備えて、BNPパリバ・グループの方針に沿って社内規程を含む管理の枠組みを定め、当事者間の情報の不均衡による利益相反や当社とお客様との間に起きうる様々な利益相反について、利益相反のおそれのある取引の特定およびその取扱い方法を定める等、適切な管理に関する体制を構築しております。

 

3. 手数料、費用その他のコスト等(「手数料等」)の明確化

当社がお客様に金融商品・サービスを提供する際には、手数料等を頂いておりますが、これらの対価は、当該金融商品・サービスの性質、数量および期間、取引執行方法、市場実勢、流動性、資本コスト、各種リスク、システム投資、人件費、取引後のサービス提供などの様々な要素・費用を考慮し、公正に決定しています。当社は、全社員に「お客様の信頼を得るために、あらゆるプロフェショナルとしての活動において、公正かつ誠実に、そして透明性をもって行動すること」を求めるBNPパリバ・グループ行為規範の精神に基づき、お客様が十分な情報に基づき適切な投資判断を行うことができるよう、お客様の投資経験や金融知識等を考慮した上、手数料等についてどのようなサービスの対価であるか等できる限り分かりやすくご説明するよう努め、手数料等の明確化、透明性の向上に取り組みます。

 

4. 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様とのビジネス・コミュニケーションにおいては、提供するサービスおよび商品に関し透明性のある説明や情報の提供が必要と考えます。そのために下記のことを励行しております。

  • お客様とのコミュニケーションは、公正かつ誠実で透明性があり、容易に理解でき、誤解を与えないものであること
  • お客様が次のことを理解するのに必要と思われる情報をすべて提供すること
    – 何を購入しているのか(予想されるパフォーマンス、価格およびリスク特性も含む)
    – 何のために対価を払っているか(お客様が選んだ、商品、サービスおよびアドバイスに関する費用も含む)
  • BNPパリバ・グループの商品およびサービスの販売およびマーケティングを誠実に行うこと
  • お客様の質問には、できる限り、かつ、適時に回答すること

 

5. お客様にふさわしいサービスの提供

私たちにはお客様のニーズを理解する義務があり、そして、適切な商品およびサービスを提供するために、常にお客様のニーズ、期待および関心を十分理解するよう努めるべき責任があります。

従いまして、当社は、個々のお客様のビジネス、資産、金融商品に関する知識や専門性および
金融商品取引に関するご経験等、また、お客様のご希望(例えば、リスクの許容範囲)等に基づき、お客様のニーズに合った商品やサービスのご提案をします。

当社は、お客様との全てのコミュニケーションを大切にしています。今後も日々の業務運営において、より深くお客様のニーズをくみ取り、よいサービスのご提供ができるよう、努力して参る所存です。

 

6. お客様の秘密情報の保護

言うまでもないことですが、お客様の秘密情報が常に守られることはとても重要です。お客様の
秘密情報が保護されるということは、次のことを意味します。

  • すべてのお客様との取引関係およびその他の業務上の関係を秘密情報として厳格に取り扱い、管理すること
  • お客様の情報を常に秘密情報として扱い、お客様の情報の開示・使用は、適用法令により認められる場合か、お客様の明示的な同意のある場合に限られること
  • BNPパリバ・グループ内でのお客様情報の共有は、適用法令および社内規程に従い、お客様への最善のサービスを提供するためにその情報を知る必要がある者との間に
    限ること
  • 具体的な業務上の目的のために必要なデータだけを収集すること
  • BNPパリバ・グループに設けられている情報障壁その他の管理体制を遵守すること

 

7. 社員に対する適切な動機づけの枠組み等

BNPパリバ・グループ行為規範においては、グループの社員がその職責を果たす上で何をすべきかを明確に定めています。

各社員について行われる年次の人事評価は、「基本理念を具体的に実践する」ことの重要性を強調し、また、行為規範に記載されている適切な行為・行動について再認識を図る重要なプロセスと捉えられています。そして、BNPパリバ・グループ行為規範は、管理職にBNPパリバ・グループの方針に沿って、人事評価の一要素に、行為規範を尊重し遵守することを加えることも求めております。

 

  • BNP Paribas