BNPパリバ、全仏オープンテニスのパートナーシップ契約を5年間延長 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2017年2月13日 - ,

BNPパリバ、全仏オープンテニスのパートナーシップ契約を5年間延長

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2017年2月13日パリ – このたび、フランステニス協会とBNPパリバは Rollan Garros (以下、全仏オープン)のパートナーシップを更新し、今後5年間の契約を新たに締結しました。

1973年に初めて全仏オープンの大会スポンサーとなって以降、BNPパリバはテニスとの深い関わりを続けてきました。長年にわたるテニス界のトップスポンサーとして、また、BNPパリバ自身が掲げる “bank for a changing world” のブランドメッセージに基づき、全仏オープンのさらなる発展と、より多くの人がテニスと関わることを今後も応援していきます。

本パートナーシップでは、スタジアムの近代化、デジタル化、大会の国際化といった分野に主眼がおかれています。これらの分野は、BNPパリバのお客様へもより良い体験をもたらし、また、世界中で170万人のテニスファンが集うWeAreTennis コミュニティの推進にもつながると確信しております。

※このニュースは、2017年2月13日にパリで発表されたプレスリリースの一部を抜粋、抄訳したものです。原文をご覧になる場合はこちらをクリックしてください。