Asia Risk Awards 2019「Derivatives house of the year Japan」を受賞 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2019年10月21日 - , , ,

Asia Risk Awards 2019「Derivatives house of the year Japan」を受賞

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2019年10月21日東京―BNPパリバは、アジア有数の金融専門誌であるアジア・リスクが主催するAsia Risk Awards 2019で、「Derivatives house of the year Japan」を受賞しました。

「Derivatives house of the year Japan」は、その年日本のマーケットで最も高く評価された金融機関をアジア・リスク誌の選考委員が選定する賞です。

 

表彰の理由として、アジア・リスク誌は、次のように述べています。

「このような困難なマーケット環境において、BNPパリバは、定量的投資戦略(QIS:Quantitative Investment Strategies)を始めとした、利回りを効率的に高めるクロスアセットソリューションを推進しており、日本の保険会社に対してカスタマイズを行うだけでなく、アセットマネジメント会社や銀行のニーズにも対応する商品開発を行っています。

顧客は、マーケットの時勢に合う、高度かつ堅固なパフォーマンスを生み出すQISの提案・組成能力から、BNPパリバを信頼できるパートナー・この分野におけるリーダーと見ています。」

In such challenging conditions, BNP Paribas has focused on yield-enhancing cross-asset solutions,such as quantitative investment strategies (QIS) fine-tuned for both insurers and, now increasingly, asset managers and banks.

Clients in Japan call the French lender a reliable partner that has come up with timely but advanced QIS that have generally outperformed.

 

※2019年9月にRisk.netに掲載された記事(英語)はこちら、抄訳(日本語)はこちらからご覧ください。

※金融商品取引法第37条に定める事項の表示はこちらをクリックしてください。