過去のニュース

印刷印刷
2021年10月14日 - ,

チーフエコノミスト 河野 龍太郎、2020年度優秀フォーキャスターに選定 – 日本経済研究センター「ESPフォーキャスト調査」

河野 龍太郎(BNPパリバ証券株式会社 経済調査部長 チーフエコノミスト)は、日本経済研究センターが実施する「ESPフォーキャスト調査」において、2020年度の優秀フォーキャスターの1人として選定されました。

2021年9月10日 - , , ,

BNPパリバ、ユーロマネー誌2021年グローバル・アワードで、サステナブルファイナンスのリーディングバンクとして高評価

世界有数の国際的な金融専門誌であるユーロマネー誌は本年度、BNPパリバを真に持続可能な経済成長の実現に取り組んでいるグローバルリーダーとして選出しました。BNPパリバは、お客様に貢献する金融商品、サービス、指標、手法の開発に長年にわたって注力し続けており、持続可能な変革を可能にしています。

2021年8月6日 - ,

BNPパリバ、医療従事者や患者さんの心を癒やす“ホスピタルアート”プロジェクトを支援

BNPパリバ・グループは、ホスピタルアートの研究と普及に取り組む徳島大学大学院 社会産業理工学研究部の田中佳・准教授と同大・人と地域共創センター、およびマスキングテープを使った作品で多方面で活躍するアーティストの西村公一氏と協働し、徳島県内の病院にホスピタルアートを制作・寄贈するプロジェクト「ひびきあうハート ~マスキングテープに乗せる思い~」を展開します。

2021年7月30日 -

2021年度第2四半期決算

2021年7月29日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2021年度第2四半期の業績が検討されました。

2021年7月6日 - , ,

ユーロネクストESGサミット:海洋経済を持続可能な方向へ転換

ユーロネクスト ESGサミットが6月8~9日に開催され、グテーレス国連事務総長、各国の政府代表、中央銀行高官、財界首脳といったハイレベルのスピーカーが集いました。今回のサミットの焦点の一部は、銀行や資本市場がどのように資金を「ブルーエコノミー(海洋経済)」へ向かわせ、それを支える海洋生態系を保全するかでした。BNPパリバ 会長ジャン・ルミエールは金融イノベーションやグリーン/ブルー投資への障壁を主題とするパネルでスピーチを行いました。

2021年6月17日 - , ,

サステナブルファイナンスで食品ロスを減らす

食品ロスへの対策は世界中でますます広がりを見せ、具体化されてきています。国連のレポートによると、食品ロスは地球温暖化ガス排出量の8-10%にのぼり、毎年生産される食品の1/3が廃棄されています。

2021年5月27日 - , , ,

クリーンテック:BNPパリバとソーラーインパルス財団、スタートアップ企業に投資するファンドを創設

BNPパリバとソーラーインパルス財団(ベルトラン・ピカール氏が設立)は新たな投資ファンドを立ち上げ、クリーンテックを活かし環境に配慮した活動を展開している革新的スタートアップ企業を支援します。ソーラーインパルス財団は、BNPパリバ等のパートナー企業の支援を受け、環境保全を目的とする1,000以上の革新的ソリューションを分類する目標も達成しました。

2021年5月19日 -

BNPパリバ・グループ、2021年5月19日より新たな組織体制へ移行

BNPパリバは、2020年度決算発表時に明らかにしていた通り、組織の改編、経営陣の変更、女性役員比率の引き上げ継続を決定いたしました。一連の変更は、2021年5月19日、当グループの年次株主総会後に実施されました。

2021年5月17日 - , ,

気候変動へのアクション:BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第2弾を発表

BNPパリバは2011年から気候変動との闘いに取り組んでいます。この度、気候変動関連のリスクおよび機会について第2弾の年次レポートを発行し、当社のアプローチ、分析、管理状況を公表しました。

2021年5月13日 -

2021年度第1四半期決算

2021年4月29日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2021年度第1四半期の業績が検討されました。

Loading 詳細

過去のニュース

印刷印刷
2021年10月14日 - ,

チーフエコノミスト 河野 龍太郎、2020年度優秀フォーキャスターに選定 – 日本経済研究センター「ESPフォーキャスト調査」

河野 龍太郎(BNPパリバ証券株式会社 経済調査部長 チーフエコノミスト)は、日本経済研究センターが実施する「ESPフォーキャスト調査」において、2020年度の優秀フォーキャスターの1人として選定されました。

2021年9月10日 - , , ,

BNPパリバ、ユーロマネー誌2021年グローバル・アワードで、サステナブルファイナンスのリーディングバンクとして高評価

世界有数の国際的な金融専門誌であるユーロマネー誌は本年度、BNPパリバを真に持続可能な経済成長の実現に取り組んでいるグローバルリーダーとして選出しました。BNPパリバは、お客様に貢献する金融商品、サービス、指標、手法の開発に長年にわたって注力し続けており、持続可能な変革を可能にしています。

2021年8月6日 - ,

BNPパリバ、医療従事者や患者さんの心を癒やす“ホスピタルアート”プロジェクトを支援

BNPパリバ・グループは、ホスピタルアートの研究と普及に取り組む徳島大学大学院 社会産業理工学研究部の田中佳・准教授と同大・人と地域共創センター、およびマスキングテープを使った作品で多方面で活躍するアーティストの西村公一氏と協働し、徳島県内の病院にホスピタルアートを制作・寄贈するプロジェクト「ひびきあうハート ~マスキングテープに乗せる思い~」を展開します。

2021年7月30日 -

2021年度第2四半期決算

2021年7月29日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2021年度第2四半期の業績が検討されました。

2021年7月6日 - , ,

ユーロネクストESGサミット:海洋経済を持続可能な方向へ転換

ユーロネクスト ESGサミットが6月8~9日に開催され、グテーレス国連事務総長、各国の政府代表、中央銀行高官、財界首脳といったハイレベルのスピーカーが集いました。今回のサミットの焦点の一部は、銀行や資本市場がどのように資金を「ブルーエコノミー(海洋経済)」へ向かわせ、それを支える海洋生態系を保全するかでした。BNPパリバ 会長ジャン・ルミエールは金融イノベーションやグリーン/ブルー投資への障壁を主題とするパネルでスピーチを行いました。

2021年6月17日 - , ,

サステナブルファイナンスで食品ロスを減らす

食品ロスへの対策は世界中でますます広がりを見せ、具体化されてきています。国連のレポートによると、食品ロスは地球温暖化ガス排出量の8-10%にのぼり、毎年生産される食品の1/3が廃棄されています。

2021年5月27日 - , , ,

クリーンテック:BNPパリバとソーラーインパルス財団、スタートアップ企業に投資するファンドを創設

BNPパリバとソーラーインパルス財団(ベルトラン・ピカール氏が設立)は新たな投資ファンドを立ち上げ、クリーンテックを活かし環境に配慮した活動を展開している革新的スタートアップ企業を支援します。ソーラーインパルス財団は、BNPパリバ等のパートナー企業の支援を受け、環境保全を目的とする1,000以上の革新的ソリューションを分類する目標も達成しました。

2021年5月19日 -

BNPパリバ・グループ、2021年5月19日より新たな組織体制へ移行

BNPパリバは、2020年度決算発表時に明らかにしていた通り、組織の改編、経営陣の変更、女性役員比率の引き上げ継続を決定いたしました。一連の変更は、2021年5月19日、当グループの年次株主総会後に実施されました。

2021年5月17日 - , ,

気候変動へのアクション:BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第2弾を発表

BNPパリバは2011年から気候変動との闘いに取り組んでいます。この度、気候変動関連のリスクおよび機会について第2弾の年次レポートを発行し、当社のアプローチ、分析、管理状況を公表しました。

2021年5月13日 -

2021年度第1四半期決算

2021年4月29日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2021年度第1四半期の業績が検討されました。

  • BNP Paribas