出勤者数の削減に関する実施状況について

友人に転送友人に転送 印刷印刷

2021年6月30日時点

BNPパリバ・グループでは、新型コロナウィルス感染症に対し、出勤者数削減のため、以下の対応措置を行っております。当グループでは、政府の定める基本的方針における「緊急事態宣言時に事業の求められる事業者」(金融)として、感染拡大防止のため様々な対策を講じた上、感染拡大防止、テレワークの推進に取り組み、事業の継続に努めています。

 

(1)定量的な取組内容

算定の対象とする従業員の範囲 最新目標値 実績及び対象期間
日本国内のBNPパリバ・グループ * 出勤者削減率
60%
出勤者削減率
57%
(2021年6月)

 

(2)具体的な取組や工夫

テレワーク推進に向けた具体的な取組・工夫
  • オンライン会議システムやビジネスチャット等のIT環境を整備
  • 社内外の会議および研修におけるオンライン会議システムの推進と活用
  • テレワーク用にモニターなどIT機器の貸与
  • ノートパソコン貸与の推進(会社支給のノートパソコンを65%の社員に貸与)
  • ITインフラ環境の整備(リモートアクセスが可能な社員は全体の80%)

 

出勤者数削減に向けた具体的な取組・工夫(テレワーク関連を除く)
  • 在宅勤務者・オフィス勤務者の入れ替えを一斉に行う固定ローテーションの実施
  • 時差出勤の奨励
  • 顧客訪問の制限(オンライン会議を代替として活用)

 

本情報は、毎月更新される予定です。

 

*日本国内のBNPパリバ・グループ:BNPパリバ銀行 東京支店、BNPパリバ証券株式会社、カーディフ生命保険株式会社、カーディフ損害保険株式会社、BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社

 

  • BNP Paribas