SDGsへの取り組みとESG

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

SDGsにもとづいたCSR戦略

BNPパリバのCSR戦略は4つの方針と12のコミットメントで構成されます。国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)にもとづいて作られたこれらの戦略はBNPパリバがすべての活動において企業の社会的責任(CSR)の観点からアプローチし、業績と安定性を確保しながら、持続可能な未来の構築に貢献することを目指します。

 

経済社会を健全に発展させるために

  • 投資と融資を通じて経済へ貢献
  • 倫理順守の徹底
  • 環境・社会問題・ガバナンスのリスクに対する組織的結合と関連

社員にとって責任ある企業であり続けるために

  • 多様な人材の活用
  • 健全な労働環境と責任のある人事制度
  • さまざまなキャリア成長を支援する人材育成

より良い社会の実現に向けて

  • 幅広い顧客層への商品・サービスの提供
  • 差別撤廃と人権の尊重
  • 芸術・社会連帯・環境にフォーカスした社会貢献活動

私たちの住む地球を気候変動からまもるために

  • 低炭素社会の実現
  • 企業活動による環境への負荷の削減
  • 最新の環境問題解決策の適応と共有

 

金融機関としてのESG

Environmental (環境)、Social (社会)、Governance(ガバナンス)で示されるESGは金融の分野において最も優先される戦略のひとつとなりました。BNPパリバはサステナブル・ファイナンスのリーダー、そしてパイオニアとして、いち早く数々の投融資ポリシーを導入し、業界でも高く評価されています。

・厳格な投融資ポリシー。2017年12月にたばこ企業への融資および投資活動の停止を発表し、以降も化石燃料や森林破壊への制約を制定するなど世界に先駆けてさまざまな投融資ポリシーを適用しています

・投資の国際的なESG基準である国連責任投資原則(PRI)への参画、国連責任銀行原則(PRB)の初期参画金融機関になるなどESG分野を牽引しています

・グローバルではIFRアワード2020年におけるサステナブル・ファイナンス分野での受賞、日本国内でもBNPパリバ・アセットマネジメントが環境省第2回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」環境大臣賞(金賞)を受賞するなどBNPパリバのESG、サステナブル・ファイナンスへの取り組みは高く評価されています。