打越 えり子(金融商品営業部)

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

 

打越 えり子(金融商品営業部)

 

入社のきっかけ

大学院では葉緑体中のタンパク質における酸化還元に関する実験に明け暮れていました。将来は周囲の多くの友人と同様に化学メーカーや食品メーカーの研究職に就くだろうと漠然と考えていましたが、大学の先輩の紹介もあり、外資系金融機関のインターンに複数参加することになりました。インターンプログラムに参加するまでは、金融業界は専門性の高い人材が集い、結果だけが求められる厳しくてドライな世界というイメージがありました。しかしBNPパリバのインターンプログラムで、一学生である私に対してとても親身に優しく接する社員と出会い、従来のイメージは覆りました。結果が求められる厳しい世界であることは間違いないと感じましたが、一方で外資系ならではの特徴として、若手社員も大きな役割と責任を与えられ、男女の区別なく平等に活躍の場が設けられている印象を受けました。インターンプログラム期間中に一番お世話になった社員からは、BNPパリバのみならず私の就職活動に関しても多くのアドバイスやサポートをもらい、いつしか憧れの人に変わるとともに、一緒に働き活躍したい、充実した社会人生活を送りたい、という想いが強くなり、入社を決めました。

 

仕事の内容とやりがい

仕組債を始めとした金融商品をお客様である証券会社に卸す、セールスの仕事をしています。お客様が自社では組成できない商品を卸し、その先にいる機関投資家や個人投資家にアクセスするという、「B to B to B」もしくは「B to B to C」のようなビジネスと言えます。取り扱う商品は金利為替、クレジット、 コモディティから株式までさまざまですが、「お客様のニーズに合わせた独自性の強い派生商品の開発・提供・アフターサポートまで一貫して提供する」というBNPパリバの強みを活かして営業を行います。単に既成の商品を販売するのではなく、日々のマーケットとお客様の個別の動向を常に把握し、ニーズに合わせた商品のプライシングと提案、確実な取引実行が求められる仕事です。個々の知識や能力は重要ですが、それよりも重要なのは「チーム」で結果を出していくということです。同じセールスの仲間は、それぞれが個性を発揮してお客様と向き合うことができる優秀な社員であると同時に、大事な戦略決定や重要な顧客対応においては、常に仲間同士が連携し、チームとしてベストパフォーマンスを発揮することが求められます。私は人に対して誠実に接し、手を取り合いながら仕事を進めていくことに自らの原動力を見出すタイプです。そのため「チーム」の中で役割を果たしていくことは、自分のやりがいに直結していると強く感じます。そして、仕事をしていて最もやりがいを感じるのは、お客様からの信頼を実感できた時です。複雑な商品を扱う以上、ミスは許されず、つねにお客様の立場に立って物事を考えることが必要です。その心がけを忘れずに日々の努力を積み重ねることで、お客様にとって初めての商品を扱ってもらえたり、会社同士での初めての取引を行ってもらえたり、信頼関係を築くことができた多くの経験が、私の財産となっています。

 

ワークライフバランス

私の仕事のオンタイムは、日本のマーケットが開く9時~15時と、欧州マーケットが開き米国マーケットの準備をする16時~19時です。毎朝、マーケットが開く前にオーバーナイトで預かった約定の処理や前日のマーケットの動きをチェックし、マーケットが引けたあとは個別案件のフォローアップや、社内もしくはお客様とのミーティングを行います。マーケットが動いている間は高い集中力が求められ、緊張が続きますが、一方、その前後は、自分のペースで仕事に取り組むことができます。コロナ以前は、業務終了後にお客様との会食や、同僚とのディナーに出かけることもありましたが、今は帰宅後、家族との時間をゆっくり楽しんでいます。オンとオフがはっきりしている仕事のため、オフタイムにはリラックスして時間を過ごすことができています。どちらかといえばインドア派で、休日も家で過ごすことが多いのですが、最近は体を動かすことにも興味があり、ピラティスや、家族や同僚と一緒に公園でトレーニングをしています。BNPパリバはテニス大会のスポンサーをしていますが、テニスはもちろんのこと、さまざまなスポーツで身体を動かすことが好きな社員が多いと思います。