三塚 英毅(COO本部)

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

 

三塚 英毅(COO本部 本部長)

 

入社のきっかけ

日本の金融マーケットで、“Tier 1”(最上位)のインベストメントバンクになるという確固たる目標と具体的な戦略、そして、何よりも人生を賭けるほどの経営層の本気度に賛同し、2016年に入社しました。外資系の金融機関といっても、各社の戦略、そして取っているポジショニングは本当に多種多様です。その中で、BNPパリバは、日本でビジネスを行っているお客様と長期的な視点で真摯に向き合い、日本の金融マーケットにしっかりと根づき、コミットしている会社であると自負しています。当たり前のことになりますが、どのような業種であっても、すべて人の願いや思いによってビジネスは始まり、成り立っていると思います。そのため、ともに働く人の個性や経験が多様な中で、同じ目標に向かって強く結束できる点がBNPパリバの最大の強みであると考えます。

 

仕事の内容とやりがい

グローバルマーケット統括本部のチーフオペレーティングオフィサーとして、グローバルマーケットのビジネス運営を行う上での管理業務がおもな仕事です。COO本部の仲間とともに、ビジネス上の戦略と進捗管理、予算管理、オペレーション上の管理など、さまざまな分野を担当しております。まさに“何でも屋”です。最大のやりがいは、グローバルマーケットのビジネス上のあらゆる場面で、オフェンス、ディフェンス両面において組織運営上不可欠な機能として付加価値を出す、“絶対に必要な何でも屋”になるという点です。この貢献の先には、現在の目標である10年続く「Tier 1 のインベストメントバンク」があると思っています。組織の一つの機能として、与えられた役割が各部署には必ずありますが、いかにして、お客様、そして日本の金融マーケットに貢献できるかという点を念頭に置き、BNPパリバ証券の全部門と連携しながら働ける点もこの仕事の最大の魅力です。

 

あなたのチーム、同僚

グローバルマーケット統括本部には、物怖じせずに闊達(かったつ)な議論を交わせるチームメンバー、同僚が多く、日々刺激には事欠きません。バックグラウンドが異なるその道のプロフェッショナルが、物事に本気で取り組めば取り組むほど、本音を言えば言うほど、時として大小関係なく衝突は起こるものです。国籍、年齢、経験に関係なく、自分が考えていることを伝え、表現するということは組織としても、一人の人間としても、とても重要な行動だと思っています。また、一人のプロフェッショナルとして、仲間への尊敬を表す上でも、意見を述べるためには日々常に考え抜き、また自己鍛錬が必要です。尊敬できる仲間と同僚が多く、また毎日、反省と気づきを与えてくれることに感謝しています。