BNPパリバ ニュース & プレスリリース

ニュース&プレスリリース

印刷印刷
2020年8月6日 -

ブルームバーグ「BNPパリバ、円金利トレーディング部門増強 – 低金利下で逆張り戦略」

奥山 史 – BNPパリバ証券株式会社 グローバルマーケット統括本部長のインタビューが「Bloomberg」に掲載されました。

2020年7月29日 - ,

令和2年7月豪雨災害に対する義援金拠出について

BNPパリバ・グループは、 被災された皆さまの救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金として、国内グループ 5 社で総額 100 万円を日本赤十字社に寄付いたします。

2020年7月17日 - , ,

BNPパリバ・カーディフ、2024年末までにインパクト投資を115億ユーロに拡大

BNPパリバ・カーディフは、環境や社会にポジティブな影響をもたらす活動への投資を加速させています。

2020年7月10日 - ,

BNPパリバのカーボン・ニュートラルの取り組み

2017年以来、二酸化炭素排出量を厳しくモニタリングし、削減に取り組み、再生可能エネルギーの利用と残存排出量のカーボン・オフセットを進めています。具体的な目標を設定し、エネルギー・移動・資源の責任ある利用において、環境への直接的な影響を抑えることを継続した結果、BNPパリバは2020年の排出削減目標を前倒しで達成しました。

2020年6月19日 - , , ,

BNPパリバ、サステナブル・ファイナンスの中心的存在としての活動を推進 – CSRグローバル責任者がFinance For Tomorrowの役員へ選出

BNPパリバはこれまでもFinance For Tomorrowのメンバーとして活動してきましたが、このたびCSRグローバル責任者のローレンス・ペッセが役員(任期:2020年-2022年)に選出されたことを受け、さらにこの活動を推進していきます。

2020年5月29日 - , , ,

BNPパリバ、たばこのない未来の実現に向けた取り組みを引き続き牽引

BNPパリバはこのほど、Tobacco Free Portfoliosから新たに認証を受け、世界の健康と国連の持続可能な開発目標の双方にとって不可欠なこの問題について再び主導的な役割を果たします。

2020年5月19日 - , , ,

BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第一弾を発表 気候変動との闘いへ一歩前進

BNPパリバは2017年以来、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言を支持し、実践しています。TCFDは気候関連リスクおよび機会に関する財務の透明性を推進するタスクフォースです。この度、TCFDの提言に沿って開示した情報をまとめたレポートを初めて発表しました。

2020年5月11日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力の実行計画を前倒し

BNPパリバ、2030年末までに顧客発電事業者による石炭利用廃止に向けて、その対象をEU域内からOECD全加盟国に拡大

2020年5月5日 -

2020年度第1四半期決算

2020年5月4日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2020年度第1四半期の業績が検討されました。

2020年4月28日 - , , ,

BNPパリバ、ShareActionの2020年ランキングにて、 気候関連リスクおよび機会の管理に関して欧州銀行で第1位の評価

英国のESG投資推進NGOのShareActionは4月26日、欧州銀行大手20行の気候変動関連リスクおよび機会の管理状況を分析する調査「Banking on a Low-Carbon Future(銀行による低炭素社会に向けた取り組み)」2020年版の結果を発表しました。

Loading 詳細

過去のニュース

印刷印刷
2020年8月6日 -

ブルームバーグ「BNPパリバ、円金利トレーディング部門増強 – 低金利下で逆張り戦略」

奥山 史 – BNPパリバ証券株式会社 グローバルマーケット統括本部長のインタビューが「Bloomberg」に掲載されました。

2020年7月29日 - ,

令和2年7月豪雨災害に対する義援金拠出について

BNPパリバ・グループは、 被災された皆さまの救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金として、国内グループ 5 社で総額 100 万円を日本赤十字社に寄付いたします。

2020年7月17日 - , ,

BNPパリバ・カーディフ、2024年末までにインパクト投資を115億ユーロに拡大

BNPパリバ・カーディフは、環境や社会にポジティブな影響をもたらす活動への投資を加速させています。

2020年7月10日 - ,

BNPパリバのカーボン・ニュートラルの取り組み

2017年以来、二酸化炭素排出量を厳しくモニタリングし、削減に取り組み、再生可能エネルギーの利用と残存排出量のカーボン・オフセットを進めています。具体的な目標を設定し、エネルギー・移動・資源の責任ある利用において、環境への直接的な影響を抑えることを継続した結果、BNPパリバは2020年の排出削減目標を前倒しで達成しました。

2020年6月19日 - , , ,

BNPパリバ、サステナブル・ファイナンスの中心的存在としての活動を推進 – CSRグローバル責任者がFinance For Tomorrowの役員へ選出

BNPパリバはこれまでもFinance For Tomorrowのメンバーとして活動してきましたが、このたびCSRグローバル責任者のローレンス・ペッセが役員(任期:2020年-2022年)に選出されたことを受け、さらにこの活動を推進していきます。

2020年5月29日 - , , ,

BNPパリバ、たばこのない未来の実現に向けた取り組みを引き続き牽引

BNPパリバはこのほど、Tobacco Free Portfoliosから新たに認証を受け、世界の健康と国連の持続可能な開発目標の双方にとって不可欠なこの問題について再び主導的な役割を果たします。

2020年5月19日 - , , ,

BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第一弾を発表 気候変動との闘いへ一歩前進

BNPパリバは2017年以来、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言を支持し、実践しています。TCFDは気候関連リスクおよび機会に関する財務の透明性を推進するタスクフォースです。この度、TCFDの提言に沿って開示した情報をまとめたレポートを初めて発表しました。

2020年5月11日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力の実行計画を前倒し

BNPパリバ、2030年末までに顧客発電事業者による石炭利用廃止に向けて、その対象をEU域内からOECD全加盟国に拡大

2020年5月5日 -

2020年度第1四半期決算

2020年5月4日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2020年度第1四半期の業績が検討されました。

2020年4月28日 - , , ,

BNPパリバ、ShareActionの2020年ランキングにて、 気候関連リスクおよび機会の管理に関して欧州銀行で第1位の評価

英国のESG投資推進NGOのShareActionは4月26日、欧州銀行大手20行の気候変動関連リスクおよび機会の管理状況を分析する調査「Banking on a Low-Carbon Future(銀行による低炭素社会に向けた取り組み)」2020年版の結果を発表しました。