受賞とランキング

金融業務における数々の実績が評価され、BNPパリバは業界の栄誉ある賞を多数受賞しています。なかでも資産運用、コーポレートファイナンス、フィクストインカム、株式関連、トランザクションバンキング、保険、証券決済、ストラクチャードファイナンスおよびウェルスマネジメントの各分野においてはアジア太平洋地域での主導的な地位を築いています。BNPパリバはこうした実績を背景にアジア太平洋地域のお客様に世界基準の金融商品及びサービスを提供しています。

受賞・ランキングに関する記事(日本語)

以下のご紹介は受賞・ランキングの一部です。上記リンク先の一覧も併せてご覧ください。

2022年12月14日

BNPパリバ、欧州の銀行で最優秀の評価:NGO ShareActionによる気候・生物多様性戦略への調査

BNPパリバはShareActionによる調査で総合スコア63%を取得し、欧州銀行のベストバンクと評価されました。また、調査対象とされた2つの基準「気候」および「生物多様性」の双方でも、BNPパリバは第1位を獲得しています。

2022年7月14日

BNPパリバ、「ユーロマネー2022」12部門で最優秀賞を受賞 顧客支援とネットゼロ経済への移行支援に評価

国際的な金融専門誌「ユーロマネー」は、BNPパリバがお客様の支援とより持続可能な経済の支援に取り組んでいることを評価し、全世界・地域・国レベルの複数の金融・非財務カテゴリーで「最優秀銀行」に選出しました。

2022年3月9日

チーフエコノミスト 河野 龍太郎、1位に選出 – 日経ヴェリタス「債券・為替アナリスト エコノミスト人気調査」エコノミスト部門

2022年3月6日付の日経ヴェリタスにて発表された『日経ヴェリタス・第27回「債券・為替アナリスト エコノミスト人気調査」エコノミスト部門』において、BNPパリバ証券株式会社 経済調査本部長 チーフエコノミスト 河野 龍太郎が昨年に続き2年連続、通算9回目の首位に選出されました。

2022年2月14日

森林破壊との闘い:Forest 500 ReportがBNPパリバを世界の金融機関でトップクラスと評価

英国の環境NPOグローバル・キャノピーの報告書「Forest 500」は2014年以降、世界の主要企業・金融機関を調査対象に、森林破壊との闘いや人権擁護などに対する取り組みを評価しています。2021年に生物多様性保全に向けた取り組みを新たにしたBNPパリバは、「Forest 500」により主要金融機関150社でトップクラスと位置づけられました。

2022年1月21日

BNPパリバ、コーポレート・ナイツのランキングでフランスの銀行1位、V.Eの評価で欧州の銀行1位を取得

BNPパリバの非財務業績は第三者の専門機関によって定期的に評価されています。最近の格付けやランキングはBNPパリバがサステナビリティの点でフランス国内でも国際的にも先進的であることを示しています。

2022年1月20日

BNPパリバ、2022年「Top Employer Europe」を受賞

BNPパリバは2022年も評価機関Top Employers Instituteから「Top Employer Europe」の認定を授与され、9年連続となりました。これは欧州8か国(ベルギー、フランス、イタリア、ルクセンブルク、ポーランド、トルコ、ウクライナ、スペイン)でTop Employerに認定されたことによるものです。