BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2016年2月16日 - ,

BNPパリバ、リュック・ベッソン監督とパートナー提携 SF超大作『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題)/ Valerian and the city of a thousand planets』

友人に転送友人に転送 印刷印刷

パリ発(抄訳) – BNPパリバは、フランスの映画監督、脚本家、映画プロデューサーであるリュック・ベッソンが手掛ける新作のSF超大作映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題)/ Valerian and the city of a thousand planets』と、パートナー提携することが決定しました。当映画は2017年7月に公開が予定されています。BNPパリバは1000万ユーロを出資し、2年間キーパートナーを務めます。

このように世界中の映画愛好者が待ち望む革新的な映画制作に出資するのはBNPパリバ史上はじめてのことになります。本作は、フランスの漫画家ピエール・クリスタンとジャン=クロード・メジエールによる「ヴァレリアン」シリーズが映画化されるものです。フランスSF漫画で最も世界中の作家やディレクターを魅了したシリーズです。

BNPパリバ 最高経営責任者(CEO)Jean-Laurent Bonnaféは、「BNPパリバは、20年以上もの間、ヨーロッパ映画界とパートナーシップを結び、深く関わって参りました。新作映画Valerianは、とても大掛かりなプロジェクトであり、未来へと私たちを駆り立てる作品なので、とても楽しみにしています。この取組みは、まさにBNPパリバの企業理念に合致しています。私たちのDNAには、クリエイティブ産業や事業家たちをサポートする精神が含まれています」と述べています。

リュック・ベッソン監督は、「Valerianはこれまで私が制作した映画の中で、最も大掛かりな映画になります。BNPパリバは信頼のおける理想的なパートナーです。BNPパリバは映画界の挑戦をとてもよく理解しており、私の壮大なプロジェクトをサポートしてくれます。何より、世界中の映画ファンに、私の世界を披露できることを楽しみにしています。ソーシャルメディアなども活用して、映画ファンのために多くの機会を作っていきたいと思っています」と述べています。

2017年公開までの各制作過程において、BNPパリバは、ヨーロッパの映画ファンに新しい体験の場を提供したいと考えています。第一弾としてお客様にValerianの世界に入り込む機会を提供します。ヨーロッパ在住の約500名のお客様を対象に、パリ北部のサンドニ(Saint Denis) にあるCité du Cinémaスタジオでの撮影見学にご招待するほか、撮影された映像がどのように編集されていくのか、編集スタジオの見学にもご招待する予定です。またヨーロッパでは、一般の方にもデジタルプラットフォームを通じ、試写会やValerian関連のデジタル・コンテンツへのアクセス、チケットの特別割引などを提供する予定です。

 

詳細はこちらのサイトをご覧ください: bnpparibas.com/en/valerian(英語)

 

BNPパリバと映画

BNPパリバと映画業界には、フランスだけでなく、イタリアやベルギーなどをルーツとしたヨーロッパでの長い歴史があります。BNPパリバは20年以上の年月をかけて映画業界における歴史を築き上げ、ヨーロッパの銀行の中で最も積極的にシネマ・ファイナンスを行っています。

フランスでは、映画やテレビが誕生して以来このビジネスに取り組んでいます。昨今は半数以上の映画に直接的及び間接的にファイナンスを実施し、映画制作における資金面で重要な役割を果たしています。イタリアでは、BNLがイタリア映画の制作に重要な役割を果たしています。1913年にローマに設立したBNLは、1935年にイタリア映画にローンを提供する専門部署を設けました。ベルギーでは、BNPパリバ フォルティスが映画への投資をアレンジする特別なチームを設置しています。

近年、BNPパリバは以下の著名な映画へのファイナンスを実施致しました。『アーティスト』、『サンローラン』、『リトルプリンス 星の王子さまと私』、『アンタッチャブル』、『息子の部屋』、『Asterix: The Land of the Gods』、『ザ・ブランド・ニュー・テスタメント』、『The Visitors: Revolution』。

ファイナンス同様、BNPパリバは映画界のあらゆる段階のバリュー・チェーンに関わっており、創設以来映画は多くのお客様に親しまれてきました。また”7th art” の支援に強くコミットメントしており、幅広い人たちに優れた映画を広め、映画界の発展に貢献し、新しいタレントを育成しつつ、映画の世界に変革をもたらすことを目指しています。

 

主な実績:

  • フランス映画の半数以上のファイナンス(直接的及び間接的)
  • 年間100万枚の映画割引券
  • 国際映画祭(9回)、フランスの映画祭(5回)、地域のイベント(28回)でパートナー契約
  • 2つの映画館の支援、7つの映画の修復
  • 病院で映画上映の企画推進をしているフランスの慈善団体Toiles Enchantéesの協力により、2014年に子供の入院患者21,000人が、病院で映画を鑑賞

 

BNPパリバグループ

BNPパリバは欧州を本拠とする世界有数の金融グループです。世界75ヶ国に18万5000人を超える従業員を擁します。リテールバンキング&サービス(国内市場部門と国際金融サービス部門で構成)ならびにホールセール・バンキングという2つの主要分野を核に事業展開し、それぞれ業界のキープレーヤーとしての地位を占めています。ヨーロッパではフランス、イタリア、ベルギー、ルクセンブルグがリテール銀行業務の母国市場と位置づけられます。地中海沿岸諸国やトルコ、東欧においても総合的なリテール業務を展開するとともに、米国西海岸においても強大な拠点網を有します。欧州で主導的地位を確立しているホールセール・バンキングならびに国際金融サービスは、北南米およびアジアパシフィックにおいても着実に拡大を続けています。

日本国内では約700名のスペシャリストが、証券・投資銀行業務、法人向け銀行業務、資産運用業務、生命保険・損害保険業務等、各法人において多岐にわたるサービスを展開しています。

 

本件に関するお問い合わせ先:

Frédéric Lemonde-San - frederic.lemonde-san@bnpparibas.com +33 (0)1 57 43 89 26

 

原文(英語)についてはこちらをご参照ください。