過去のニュース

印刷印刷
2021年7月6日 - , ,

ユーロネクストESGサミット:海洋経済を持続可能な方向へ転換

ユーロネクスト ESGサミットが6月8~9日に開催され、グテーレス国連事務総長、各国の政府代表、中央銀行高官、財界首脳といったハイレベルのスピーカーが集いました。今回のサミットの焦点の一部は、銀行や資本市場がどのように資金を「ブルーエコノミー(海洋経済)」へ向かわせ、それを支える海洋生態系を保全するかでした。BNPパリバ 会長ジャン・ルミエールは金融イノベーションやグリーン/ブルー投資への障壁を主題とするパネルでスピーチを行いました。

2021年6月17日 - , ,

サステナブルファイナンスで食品ロスを減らす

食品ロスへの対策は世界中でますます広がりを見せ、具体化されてきています。国連のレポートによると、食品ロスは地球温暖化ガス排出量の8-10%にのぼり、毎年生産される食品の1/3が廃棄されています。

2021年5月27日 - , , ,

クリーンテック:BNPパリバとソーラーインパルス財団、スタートアップ企業に投資するファンドを創設

BNPパリバとソーラーインパルス財団(ベルトラン・ピカール氏が設立)は新たな投資ファンドを立ち上げ、クリーンテックを活かし環境に配慮した活動を展開している革新的スタートアップ企業を支援します。ソーラーインパルス財団は、BNPパリバ等のパートナー企業の支援を受け、環境保全を目的とする1,000以上の革新的ソリューションを分類する目標も達成しました。

2021年5月17日 - , ,

気候変動へのアクション:BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第2弾を発表

BNPパリバは2011年から気候変動との闘いに取り組んでいます。この度、気候変動関連のリスクおよび機会について第2弾の年次レポートを発行し、当社のアプローチ、分析、管理状況を公表しました。

2021年5月4日 - , ,

生物多様性の保全支援に向けたBNPパリバのコミットメント

ここ数年、BNPパリバは自社の投融資方針、お客さまとの建設的対話、共同行動への参加、慈善活動、調査支援を通じ、生物多様性の保全にコミットしています。生物多様性の課題に伴うリスクと機会の重要性を認識し、アクションの深化・強化を推進しています。

2021年4月21日 - , ,

BNPパリバ、国連環境計画(UNEP)が発足させた「ネットゼロ・バンキング・アライアンス」に参加

BNPパリバは気候変動との闘いへのコミットメントの一環として、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)が4月21日に発足させた「Net-Zero Banking Alliance(NZBA)」に参加しました。

2021年3月8日 - , ,

国際女性デー:BNPパリバ、ジェンダー多様性に新たな目標を設定

BNPパリバはグループ内のジェンダー平等を重要課題と位置づけ、20年近くにわたり一貫して意欲的に取り組んでいます。女性は全人口の半分を占め、現在BNPパリバ・グループの女性比率も世界全体で52%に達しています。

2021年2月26日 - ,

BNPパリバ、「IFRアワード2020」サステナブル・ファイナンス、ESGハウス・アジアなど7部門で首位を獲得

国際的な金融専門誌、IFRがサステナブルファイナンス・資本市場など主要部門においてBNPパリバを評価:今回の受賞は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大局面においても、BNPパリバがお客さま重視の姿勢、適応能力、経済を支援するコミットメントを貫いてきたことを実証しており、各部門が世界中の「グリーン・リカバリー」の加速を担っていることを物語っています。

2021年2月24日 - , , ,

環境省 第 2 回「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」 投資家部門 環境大臣賞(金賞)受賞

BNP パリバ・アセットマネジメント株式会社は、この度、環境省 第 2 回「ESG ファイナンス・アワード」投資家部門において、環境大臣賞(金賞)を受賞いたしました。

2021年2月15日 - , ,

BNPパリバ、アマゾンおよびセラード地域の森林破壊に立ち向かうための制約方針を明確化

ブラジルでは、牛肉や大豆の生産がアマゾンやセラードの森林破壊を加速させています。これらの生産は、合法であれ違法であれ、この2つの生物群系における生態系の健全性と未来を危険にさらしており、すべての関係者にとって森林破壊ゼロ、持続可能な生産、そしてプラスの社会的影響を目指した土地利用戦略を優先させることが急務です。

Loading 詳細

過去のニュース

印刷印刷
2021年7月6日 - , ,

ユーロネクストESGサミット:海洋経済を持続可能な方向へ転換

ユーロネクスト ESGサミットが6月8~9日に開催され、グテーレス国連事務総長、各国の政府代表、中央銀行高官、財界首脳といったハイレベルのスピーカーが集いました。今回のサミットの焦点の一部は、銀行や資本市場がどのように資金を「ブルーエコノミー(海洋経済)」へ向かわせ、それを支える海洋生態系を保全するかでした。BNPパリバ 会長ジャン・ルミエールは金融イノベーションやグリーン/ブルー投資への障壁を主題とするパネルでスピーチを行いました。

2021年6月17日 - , ,

サステナブルファイナンスで食品ロスを減らす

食品ロスへの対策は世界中でますます広がりを見せ、具体化されてきています。国連のレポートによると、食品ロスは地球温暖化ガス排出量の8-10%にのぼり、毎年生産される食品の1/3が廃棄されています。

2021年5月27日 - , , ,

クリーンテック:BNPパリバとソーラーインパルス財団、スタートアップ企業に投資するファンドを創設

BNPパリバとソーラーインパルス財団(ベルトラン・ピカール氏が設立)は新たな投資ファンドを立ち上げ、クリーンテックを活かし環境に配慮した活動を展開している革新的スタートアップ企業を支援します。ソーラーインパルス財団は、BNPパリバ等のパートナー企業の支援を受け、環境保全を目的とする1,000以上の革新的ソリューションを分類する目標も達成しました。

2021年5月17日 - , ,

気候変動へのアクション:BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第2弾を発表

BNPパリバは2011年から気候変動との闘いに取り組んでいます。この度、気候変動関連のリスクおよび機会について第2弾の年次レポートを発行し、当社のアプローチ、分析、管理状況を公表しました。

2021年5月4日 - , ,

生物多様性の保全支援に向けたBNPパリバのコミットメント

ここ数年、BNPパリバは自社の投融資方針、お客さまとの建設的対話、共同行動への参加、慈善活動、調査支援を通じ、生物多様性の保全にコミットしています。生物多様性の課題に伴うリスクと機会の重要性を認識し、アクションの深化・強化を推進しています。

2021年4月21日 - , ,

BNPパリバ、国連環境計画(UNEP)が発足させた「ネットゼロ・バンキング・アライアンス」に参加

BNPパリバは気候変動との闘いへのコミットメントの一環として、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)が4月21日に発足させた「Net-Zero Banking Alliance(NZBA)」に参加しました。

2021年3月8日 - , ,

国際女性デー:BNPパリバ、ジェンダー多様性に新たな目標を設定

BNPパリバはグループ内のジェンダー平等を重要課題と位置づけ、20年近くにわたり一貫して意欲的に取り組んでいます。女性は全人口の半分を占め、現在BNPパリバ・グループの女性比率も世界全体で52%に達しています。

2021年2月26日 - ,

BNPパリバ、「IFRアワード2020」サステナブル・ファイナンス、ESGハウス・アジアなど7部門で首位を獲得

国際的な金融専門誌、IFRがサステナブルファイナンス・資本市場など主要部門においてBNPパリバを評価:今回の受賞は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大局面においても、BNPパリバがお客さま重視の姿勢、適応能力、経済を支援するコミットメントを貫いてきたことを実証しており、各部門が世界中の「グリーン・リカバリー」の加速を担っていることを物語っています。

2021年2月24日 - , , ,

環境省 第 2 回「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」 投資家部門 環境大臣賞(金賞)受賞

BNP パリバ・アセットマネジメント株式会社は、この度、環境省 第 2 回「ESG ファイナンス・アワード」投資家部門において、環境大臣賞(金賞)を受賞いたしました。

2021年2月15日 - , ,

BNPパリバ、アマゾンおよびセラード地域の森林破壊に立ち向かうための制約方針を明確化

ブラジルでは、牛肉や大豆の生産がアマゾンやセラードの森林破壊を加速させています。これらの生産は、合法であれ違法であれ、この2つの生物群系における生態系の健全性と未来を危険にさらしており、すべての関係者にとって森林破壊ゼロ、持続可能な生産、そしてプラスの社会的影響を目指した土地利用戦略を優先させることが急務です。

  • BNP Paribas