過去のニュース

印刷印刷
2020年5月19日 - , , ,

BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第一弾を発表 気候変動との闘いへ一歩前進

BNPパリバは2017年以来、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言を支持し、実践しています。TCFDは気候関連リスクおよび機会に関する財務の透明性を推進するタスクフォースです。この度、TCFDの提言に沿って開示した情報をまとめたレポートを初めて発表しました。

2020年5月11日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力の実行計画を前倒し

BNPパリバ、2030年末までに顧客発電事業者による石炭利用廃止に向けて、その対象をEU域内からOECD全加盟国に拡大

2020年4月28日 - , , ,

BNPパリバ、ShareActionの2020年ランキングにて、 気候関連リスクおよび機会の管理に関して欧州銀行で第1位の評価

英国のESG投資推進NGOのShareActionは4月26日、欧州銀行大手20行の気候変動関連リスクおよび機会の管理状況を分析する調査「Banking on a Low-Carbon Future(銀行による低炭素社会に向けた取り組み)」2020年版の結果を発表しました。

2020年2月17日 - , ,

アフリカ開発銀行発行「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」の発行を支援

BNPパリバ証券株式会社は、内藤証券株式会社が販売を開始するアフリカ開発銀行発行の「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」のアレンジャーを務めます。 BNPパリバ証券株式会社を含むBNPパリバ・グループでは、資金が持続可能な環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、同債券の販売はその一環です。BNPパリバは2019年9月に発行された同債券に続きアレンジャーを務めます。
 
「アフリカの人々の生活の質向上」は、アフリカ開…

2020年1月10日 - , , ,

BNPパリバ、Most ESG Responsible International Bank Global 2019を受賞

BNPパリバはCapital Finance International(CFI)Awardsにおいて、Most ESG Responsible International Bank Global 2019を受賞しました。この賞は、BNPパリバのエネルギー転換への貢献と持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けての取り組みを高く評価したものです。

2020年1月6日 - , , , ,

ジャン・ルミエール (BNPパリバ 会長) インタビュー記事

BNPパリバ会長、ジャン・ルミエール (Jean Lemierre) が「日経ヴェリタス」にデジタルとESG領域におけるパリと東京の協力について語ります

2019年12月2日 - , , ,

ジャン・ルミエール (BNPパリバ 会長) インタビュー動画

「テレ東NEWS」に金融を取り巻く環境投資の重要性について語ります

2019年11月22日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力に向けた期限を発表。再生可能エネルギー分野への融資目標も引き上げる

BNPパリバは石炭火力発電に関係するすべての融資を欧州連合(EU)域内では2030年までに、世界全体では2040年までに停止することを決定しました。また、再生可能エネルギーの発展に対する支援も強化し、新たな融資目標を「2021年までに180億ユーロ」としました。

2019年8月7日 - , ,

アフリカ開発銀行発行「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」の発行を支援

BNPパリバ証券株式会社は、内藤証券株式会社が販売を開始するアフリカ開発銀行発行の「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」のアレンジャーを務めます。BNPパリバ・グループでは、資金が持続可能な環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、同債券の販売はその一環です。

2019年6月27日 -

ESGアナリストに聞く ESG視点なければ大きなリスク (日経ESGより)

BNPパリバ証券株式会社、市場調査本部長・チーフESGアナリスト 中空 麻奈、市場調査本部・ESGアナリスト 木畑 大輔のインタビューが「日経ESG」に掲載されました。

Loading 詳細

過去のニュース

印刷印刷
2020年5月19日 - , , ,

BNPパリバ、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポート第一弾を発表 気候変動との闘いへ一歩前進

BNPパリバは2017年以来、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言を支持し、実践しています。TCFDは気候関連リスクおよび機会に関する財務の透明性を推進するタスクフォースです。この度、TCFDの提言に沿って開示した情報をまとめたレポートを初めて発表しました。

2020年5月11日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力の実行計画を前倒し

BNPパリバ、2030年末までに顧客発電事業者による石炭利用廃止に向けて、その対象をEU域内からOECD全加盟国に拡大

2020年4月28日 - , , ,

BNPパリバ、ShareActionの2020年ランキングにて、 気候関連リスクおよび機会の管理に関して欧州銀行で第1位の評価

英国のESG投資推進NGOのShareActionは4月26日、欧州銀行大手20行の気候変動関連リスクおよび機会の管理状況を分析する調査「Banking on a Low-Carbon Future(銀行による低炭素社会に向けた取り組み)」2020年版の結果を発表しました。

2020年2月17日 - , ,

アフリカ開発銀行発行「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」の発行を支援

BNPパリバ証券株式会社は、内藤証券株式会社が販売を開始するアフリカ開発銀行発行の「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」のアレンジャーを務めます。 BNPパリバ証券株式会社を含むBNPパリバ・グループでは、資金が持続可能な環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、同債券の販売はその一環です。BNPパリバは2019年9月に発行された同債券に続きアレンジャーを務めます。
 
「アフリカの人々の生活の質向上」は、アフリカ開…

2020年1月10日 - , , ,

BNPパリバ、Most ESG Responsible International Bank Global 2019を受賞

BNPパリバはCapital Finance International(CFI)Awardsにおいて、Most ESG Responsible International Bank Global 2019を受賞しました。この賞は、BNPパリバのエネルギー転換への貢献と持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けての取り組みを高く評価したものです。

2020年1月6日 - , , , ,

ジャン・ルミエール (BNPパリバ 会長) インタビュー記事

BNPパリバ会長、ジャン・ルミエール (Jean Lemierre) が「日経ヴェリタス」にデジタルとESG領域におけるパリと東京の協力について語ります

2019年12月2日 - , , ,

ジャン・ルミエール (BNPパリバ 会長) インタビュー動画

「テレ東NEWS」に金融を取り巻く環境投資の重要性について語ります

2019年11月22日 - , , ,

BNPパリバ、脱石炭火力に向けた期限を発表。再生可能エネルギー分野への融資目標も引き上げる

BNPパリバは石炭火力発電に関係するすべての融資を欧州連合(EU)域内では2030年までに、世界全体では2040年までに停止することを決定しました。また、再生可能エネルギーの発展に対する支援も強化し、新たな融資目標を「2021年までに180億ユーロ」としました。

2019年8月7日 - , ,

アフリカ開発銀行発行「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」の発行を支援

BNPパリバ証券株式会社は、内藤証券株式会社が販売を開始するアフリカ開発銀行発行の「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」のアレンジャーを務めます。BNPパリバ・グループでは、資金が持続可能な環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、同債券の販売はその一環です。

2019年6月27日 -

ESGアナリストに聞く ESG視点なければ大きなリスク (日経ESGより)

BNPパリバ証券株式会社、市場調査本部長・チーフESGアナリスト 中空 麻奈、市場調査本部・ESGアナリスト 木畑 大輔のインタビューが「日経ESG」に掲載されました。

  • BNP Paribas