髙橋 善(金融商品開発本部)

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

 

髙橋 善(金融商品開発本部)

 

入社のきっかけ

大学院卒業後社会人となってから、一貫して商品開発部で金融商品の組成に携わっています。商品開発は、私の2つの興味である「金融」&「モノづくり」を探求できる場であったため、多くの知識や経験を得ることができました。しかし、商品開発としての経験を積むにつれ、「新しい挑戦を支えてくれる風土」「高みを目指す営業とトレーダーの存在」は、私の商品開発のスキルをさらに伸ばすために重要な要素であると感じました。そこで、前職を退職し、BNPパリバへの入社を決めました。実際に、ダイバーシティに富み、デリバティブハウスとしての伝統のあるBNPパリバは私の理想とする環境であり、業界No1 を目指す同僚からの刺激は、自身の成長に繋がっています。

 

仕事の内容とやりがい

私の業務は、お客様のニーズに応じた金融商品の開発・組成・提供を行うことです。

「金融商品開発本部」と聞くと、金融工学の知識を駆使し、毎日難しい数式と向き合っているようなイメージを持つかもしれません。実際には、営業部門と一体となってお客様が抱える問題へのソリューション提案を行い、トレーダーとリスクの分析や調整を行い、具体的な商品へと落とし込んでいくことが日々の業務の中心となります。

国内外の金融市場動向はもちろんのこと、金融に関する様々な規制変化にも目を配り、近い将来、お客様にどのようなニーズが生じ得るかという仮説に基づいて、積極的に商品、ソリューションを提案しております。もちろん、一筋縄ではいかないことが多く、考え抜いたアイディアが商品化に至らないケースもあります。しかし、様々な障壁を乗り越え、お客様に喜んで頂き、お取引を頂けた瞬間にすべての苦労が報われ、達成感を感じます。そういった点が、商品開発ならではのやりがいかと思います。

 

あなたのチーム、同僚

商品開発本部は、株・クレジット・金利為替の3つのチームに分かれて日々仕事をしています。私の所属する金利為替チーム内には商品タイプ別に主担当がおり、その分野の専門家として責任を持ち、今後のビジネスの拡大を目指しています。複雑なお客様のニーズにタイムリーにお応えするためにも、チーム内では、密に連携をとり、お互いの知識を活かし、サポートし合っています。

商品開発部の同僚は、皆、金融商品への飽くなき探求心を常に持っています。例えば、海外での案件を見ると目の色が変わり、日本においてどのように活用できるか等の議論が始まることが多々あります。このように同じ志を持つ同僚と切磋琢磨して働ける環境は、知的好奇心旺盛な方には最適だと思います。