浅田 真奈(グローバルマーケット・ALMT業務部)

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

 

浅田 真奈(グローバルマーケット・ALMT業務部)

 

現在している仕事を具体的に教えてください

BNPパリバ証券の国内のクライアントサービス窓口として、主にお客様が海外拠点でOTC取引を行った際に発生する決済やライフサイクルイベント(クーポンや償還など)に付随する業務が円滑に行われるよう幅広いモニタリング業務を担当しています。また、時価や取引残高の送信、投資信託、FXビジネスのトレードサポートなど様々な金融商品に関するお客様のサポートをチームの人員を最大限に活かしながら行っています。

日々の通常業務のほか、システムに問題が発生した場合や海外で起きた問題が国内のお客様に影響を及ぼす場合には、パリ、ニューヨーク、ムンバイなどの現地オペレーション部門や、IT部門と連携しながら問題解決を行っています。さまざまな業務がグローバルに分散していることから国内のみで問題解決できる案件は少なく、日々グローバルのチームと何が日本のお客様にとって最善なのか考え、協力しながらフロー全体の改善提案を行い、業務効率を追求しています。

また、リスク管理などのマネジメント業務も担っています。当たり前の話ですがチームにはさまざまな人がいて一人一人異なる個性、ニーズを持っています。マネージャーとしてはまだ未熟ですが、一人一人が満足できる状態で仕事ができるチーム環境を整えることも、大切な仕事だと思っています。

 

この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動で重視したのは「自分が成長できるか」です。金融のバックグラウンドはありませんでしたが、世界の変化を感じられるグローバル企業、中でも日々目まぐるしい変化に柔軟に対応する証券会社に身を置くことで知識の他にもスピード感やダイナミックな判断力を学ぶことが出来ると思いました。

その中で、BNPパリバの少数精鋭、且つ、新卒に対する社内のパイオニアとしての期待値の高さを面接で感じ、強く魅力を感じたことを覚えています。

当たり前のことを確実に行いながらも全員で同じ目標に向かって進んでいくチームワークは、2008年の入社以来、ぶれないオペレーション部門の強みだと感じています。

新卒であっても、常に「自分で課題をみつけ、解決する」ことを求められ、努力すれば評価される恵まれた環境がありました。ルーティーンと思われがちなオペレーション部門の業務ですが、毎年変化の連続で、同じような1年は1年たりともありませんでした。また、入社5年目からマネジメント業務を任せてもらえたり、国内及び他国の優秀な方々と共に働く環境は刺激的で、あっという間に社会人13年目になっていました。当時の「ここで働きたい」とワクワクした自分の判断は正しかったと思います。

 

今後どうしていきたいですか(キャリアについて)

直接間接問わず、お客様とのコミュニケーションを通じて信頼関係を築いていくことに喜びを感じます。クライアントサービスのお客様である金融法人や投資家等だけではなく、セールスやトレーダー、ストラクチャリングといったフロントオフィス、国内及び現地ミドル・バックオフィス、IT部門、コンプライアンスなど関わるチームが多岐にわたることも仕事の醍醐味です。

さまざまなバックグラウンドを持つお客様から、浅田がいたから物事が改善したと感じて頂けるよう、これまでの経験を生かしながら、常にその時々の最善の提案を柔軟にしていきたいと思っています。そのためには、いかに周りを巻き込めるかが重要で、日々模索しています。

入社後10年間は上場商品を扱うバック・ミドルオフィスに携わり、3年前から非上場商品を取り扱うクライアントサービスに従事しています。

商品の違い、カルチャーの違いはありましたが、お客様第一の本質は変わりません。商品や業務の枠にとらわれず、顧客満足度の高いサービスを全社で提供していけるよう、日本のオペレーション部門のお客様の窓口としてさらに尽力していくことが今後の目標です。

 

ワークライフバランス

現在はコロナ禍のため、在宅勤務とオフィス勤務にチームをわけて、ローテーションを組みながら、各自がベストなバランスで働くことが出来るよう環境を整えています。在宅と出社に別れて働く分、コミュニケーションの取り方は難しくなっていますが、一人一人がプロフェッショナルとして仕事に従事しています。また、本店パリが出社してからでないと解決が困難な案件もあり、どうしても時差の関係で帰宅が遅くなることもありますが、メリハリをつけて働いています。入社した頃には想像できなかったフレキシブルワーキングをうまく活用しながら、今はチーム全体で順応し大変満足しています。

「Work hard, Play hard」は上司に言われた言葉です。仕事とプライベートを両立させる事、失敗することもありますがストレスをためない事は、長いキャリア形成において大切なスキルだと思います。

私は体を動かすことが好きなので、週末はクライミングやサーフィンを夫と一緒に楽しんでいます。健康に気を使い体に良いものを食べるよう心がけたり、会社のボランティア活動にも積極的に参加しています。

新鮮な空気と新しい分野に触れてリフレッシュした状態で次の一週間を迎えられるように心掛けています。