BNPパリバ ニュース & プレスリリース

ニュース&プレスリリース

印刷印刷
2020年12月2日 - , ,

ボランティアプログラム「1MillionHours2Help」のご紹介

1985年に国連によって定められた「国際ボランティアデー」は毎年12月5日、より公平で調和のとれた世界を実現するために取り組む団体やボランティアの人々を称賛する日です。私たちはこの日、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために不可欠なボランティアの方々による貢献、そして今年は新型コロナウィルス感染拡大に闘う全ての人々の努力を称えます。

2020年11月3日 -

2020年度第3四半期決算

2020年11月2日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2020年度第3四半期の業績が検討されました。

2020年10月14日 - ,

BNPパリバ、エリック・レイノーの後任としてポール・ヤンのアジア太平洋地域最高責任者就任(2020年12月1日付)を発表

BNPパリバは、エリック・レイノーの後任としてポール・ヤンが2020年12月1日付でアジア太平洋地域(APAC)の最高経営責任者(CEO)に就任することを発表しました。ヤンは引き続きAPACのホールセールバンキング事業(CIB)のCEOを兼務します。

2020年10月9日 - ,

ニッキン「社員の在宅CSR促進 700人で年2800時間達成へ」

BNPパリバのCSR活動が日本金融通信社「ニッキン」2020年10月9日号で紹介されました。

2020年10月8日 - , ,

生物多様性の緊急事態に関するBNPパリバの取り組み

密猟、絶滅危惧種の不法取引、汚染、魚の乱獲、自然生息地の破壊:20分毎に一種の植物または動物がこの地球から消滅しています。この現実に直面したBNPパリバは、寄付基金を通してパートナーNGOの一つであるIFAWの活動をサポートすることを決意しました。

2020年9月30日 - , ,

BNPパリバ、4部門でザ・バンカー誌の2020年Investment Bank of the Yearに選出

BNPパリバは、サステナブルFIGファイナンシング、サステナビリティ・リンク・ローン、ソーシャル・ボンド及びIPOの4部門でザ・バンカー誌の2020年Investment Bank of the Yearを受賞しました。

2020年9月25日 - , ,

BNPパリバの気候変動への取り組み、EcoActにより2020年のCAC 40企業のNo. 1に選出

EcoActは世界各国の企業の、気候変動に関する持続可能性に対する活動と報告を分析する年次の持続可能性報告実績レポートを発表しました。BNPパリバは、CAC40(フランスの主要株価指数)上場40社の中で1位、世界で5位に選出されました。

2020年9月22日 - , ,

より良い未来を構築する金融機関としての取り組み

持続可能な開発目標はBNPパリバの戦略を導く原動力となってきました。各グループ会社がより持続可能な未来への貢献をいかに強化できるかを考える中、目まぐるしく変化する世界に好影響を与えるためにコミットしてきた私たちのこれまでの取り組みについて見ていきたいと思います。

2020年9月21日 - , , ,

BNPパリバ、パリ協定に貢献する取り組みでさらに前進

2015年以来、BNPパリバを含む複数の金融機関は、各社の融資ポートフォリオから生じる温室効果ガスの排出をパリ協定の目標に整合させることに力を入れてきました。2018年にポーランドのカトヴィツェで開催されたCOP24では、BNPパリバと欧州の4社は、この整合化を実現するための具体的な共通手法を開発することで合意しました。そして今年の9月21日、この手法の利用に関する最初のレポートを発表しました。この仕組みをまとめたImène Ben Rejeb-Mzah(BNPパリバのCSR部メソドロジー&データ担当ヘッド)に、この取り組みについて話を聞きました。

2020年9月18日 - ,

NPO法人キッズドア+BNPパリバ・グループ 協働企画 困窮家庭の高校生400人に「3,000円図書カード」を配布

子どもの貧困に取り組むNPO法人キッズドア(東京都中央区)とBNPパリバ・グループ(東京都千代田区)は、コロナ禍で困窮した家庭の高校生400人を対象に「3,000円図書カード」を配布する協働企画を立ち上げ、このたび図書カードとBNPパリバ・グループの社員がボランティアとして心を込めて作成した応援メッセージカードを送りました。

Loading 詳細

過去のニュース

印刷印刷
2020年12月2日 - , ,

ボランティアプログラム「1MillionHours2Help」のご紹介

1985年に国連によって定められた「国際ボランティアデー」は毎年12月5日、より公平で調和のとれた世界を実現するために取り組む団体やボランティアの人々を称賛する日です。私たちはこの日、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために不可欠なボランティアの方々による貢献、そして今年は新型コロナウィルス感染拡大に闘う全ての人々の努力を称えます。

2020年11月3日 -

2020年度第3四半期決算

2020年11月2日にBNPパリバの取締役会が開催され、会長ジャン・ルミエールが議長をつとめるなか、当グループの2020年度第3四半期の業績が検討されました。

2020年10月14日 - ,

BNPパリバ、エリック・レイノーの後任としてポール・ヤンのアジア太平洋地域最高責任者就任(2020年12月1日付)を発表

BNPパリバは、エリック・レイノーの後任としてポール・ヤンが2020年12月1日付でアジア太平洋地域(APAC)の最高経営責任者(CEO)に就任することを発表しました。ヤンは引き続きAPACのホールセールバンキング事業(CIB)のCEOを兼務します。

2020年10月9日 - ,

ニッキン「社員の在宅CSR促進 700人で年2800時間達成へ」

BNPパリバのCSR活動が日本金融通信社「ニッキン」2020年10月9日号で紹介されました。

2020年10月8日 - , ,

生物多様性の緊急事態に関するBNPパリバの取り組み

密猟、絶滅危惧種の不法取引、汚染、魚の乱獲、自然生息地の破壊:20分毎に一種の植物または動物がこの地球から消滅しています。この現実に直面したBNPパリバは、寄付基金を通してパートナーNGOの一つであるIFAWの活動をサポートすることを決意しました。

2020年9月30日 - , ,

BNPパリバ、4部門でザ・バンカー誌の2020年Investment Bank of the Yearに選出

BNPパリバは、サステナブルFIGファイナンシング、サステナビリティ・リンク・ローン、ソーシャル・ボンド及びIPOの4部門でザ・バンカー誌の2020年Investment Bank of the Yearを受賞しました。

2020年9月25日 - , ,

BNPパリバの気候変動への取り組み、EcoActにより2020年のCAC 40企業のNo. 1に選出

EcoActは世界各国の企業の、気候変動に関する持続可能性に対する活動と報告を分析する年次の持続可能性報告実績レポートを発表しました。BNPパリバは、CAC40(フランスの主要株価指数)上場40社の中で1位、世界で5位に選出されました。

2020年9月22日 - , ,

より良い未来を構築する金融機関としての取り組み

持続可能な開発目標はBNPパリバの戦略を導く原動力となってきました。各グループ会社がより持続可能な未来への貢献をいかに強化できるかを考える中、目まぐるしく変化する世界に好影響を与えるためにコミットしてきた私たちのこれまでの取り組みについて見ていきたいと思います。

2020年9月21日 - , , ,

BNPパリバ、パリ協定に貢献する取り組みでさらに前進

2015年以来、BNPパリバを含む複数の金融機関は、各社の融資ポートフォリオから生じる温室効果ガスの排出をパリ協定の目標に整合させることに力を入れてきました。2018年にポーランドのカトヴィツェで開催されたCOP24では、BNPパリバと欧州の4社は、この整合化を実現するための具体的な共通手法を開発することで合意しました。そして今年の9月21日、この手法の利用に関する最初のレポートを発表しました。この仕組みをまとめたImène Ben Rejeb-Mzah(BNPパリバのCSR部メソドロジー&データ担当ヘッド)に、この取り組みについて話を聞きました。

2020年9月18日 - ,

NPO法人キッズドア+BNPパリバ・グループ 協働企画 困窮家庭の高校生400人に「3,000円図書カード」を配布

子どもの貧困に取り組むNPO法人キッズドア(東京都中央区)とBNPパリバ・グループ(東京都千代田区)は、コロナ禍で困窮した家庭の高校生400人を対象に「3,000円図書カード」を配布する協働企画を立ち上げ、このたび図書カードとBNPパリバ・グループの社員がボランティアとして心を込めて作成した応援メッセージカードを送りました。