BNPパリバ証券、債券トレーディングを強化  - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2013年11月27日 - , ,

BNPパリバ証券、債券トレーディングを強化 

友人に転送友人に転送 印刷印刷

BNPパリバ証券、債券トレーディングを強化 
債券トレーディング本部長に村山知我、長期金利トレーディング部 部長に皆川晶圭を起用

2013年11月27日、東京発―BNPパリバ証券株式会社は、村山知我(むらやま・ちが)を債券トレーディング本部長として同日付けで採用しましたのでお知らせ致します。また、長期金利トレーディング部部長に皆川晶圭(みなかわ・あきよし)を28日付けで採用致します。同氏は日本国債トレーディンググループ共同責任者として就任する予定です。

村山知我は、野村證券株式会社を経た後に、バークレイズ証券株式会社に入社。日本国債トレーディング部門の責任者として、日本国債トレーディング業務に携わってきました。皆川晶圭は、JPモルガン証券株式会社に8年間勤務した後、UBS証券株式会社において日本国債のシニアトレーダーとしてトレーディング業務に従事して参りました。両氏は債券トレーディング分野において豊富な業務経験を有しており、今後BNPパリバの債券トレーディング強化の一翼を担っていく予定です。

村山は、債券トレーディング本部長として、金利、為替、クレジットなどトレーディング業務全般を統括する予定です。皆川は、池永博志とともに、長期金利トレーディング部における日本国債トレーディンググループ共同責任者として、日本国債のトレーディング業務を担っていく予定です。

代表取締役社長のフィリップ・アヴリルは、「両氏の採用を大変嬉しく思います。BNPパリバは、グローバル・デリバティブ・トレーディングや金利トレーディングにおいて強みをもっており、彼らの採用によって日本における債券トレーディングの一層の拡大を期待しています」と述べています。

村山は、日本においてはフィクスト・インカム統括本部長の山崎浩司、グローバルにおいてはGlobal Head of G10 flow rates tradingのAdrian Averre(ロンドン在勤)にレポートいたします。皆川は、村山にレポートいたします。