BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2020年8月28日 - ,

世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の発行を支援

友人に転送友人に転送 印刷印刷

BNPパリバ証券株式会社は国際復興開発銀行(IBRD、以下、世界銀行という)が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」のアレンジャーを務めます。 BNPパリバ証券株式会社を含むBNPパリバ・グループでは、資金が持続可能な環境や社会への貢献に係る事業に対して使われる債券(社会的責任投資)の発行のアレンジを積極的に手掛けており、同債券の販売はその一環です。

世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」とは、世界銀行が開発途上国のために取り組む様々なプロジェクトを支援するために発行する債券です。特定のプロジェクトを資金使途とせず、均等に全ての世界銀行の開発プロジェクトを支える仕組みとなっています。

世界銀行グループは2020年3月、新型コロナウイルス拡大に対処すべく、今後15か月間に開発途上国に対して最大1,600億ドルの支援を行う用意があることを表明しました。今回発行される債券の資金使途は、世界銀行が発行する債券の特性上、新型コロナウイルス対策に限定されるものではありませんが、新型コロナウイルス対策の資金需要への対応も重要な目的となっています。本私募債の引受ディーラーにはBNPパリバが指名され、発行のアレンジをしました。

 

サステナブル・ディべロップメント・ボンドの概要

債券名 国際復興開発銀行債
年限 10年
発行額 5千万米ドル
発行日 2020年8月28日

 

※金融商品取引法第37条に定める事項の表示はこちらをクリックしてください。