BNPパリバ BNPパリバについて
about_jp

日本市場に根差す外資系金融機関

BNPパリバ・グループは、欧州を本拠とする世界有数の金融グループです。国内市場部門、国際金融サービス部門(リテールバンキング&サービス)、ホールセール・バンキング事業(法人顧客、機関投資家向け)という3つの主要分野を核に事業展開し、それぞれ業界のキープレーヤーとしての地位を占めています。

日本でも長期にわたり、日本市場に根差した外資系金融機関としての地位を築いてきました。

BNPパリバと日本との関わりは、今から150年以上前の幕末まで遡ります。慶応3年(1867年)、パリ国立銀行の前身である国立パリ割引銀行が横浜支店を開設、明治40年(1907年)には、パリバが日本政府による欧州市場での外債発行に参画しました。

現在日本では700名を超える社員が、証券銀行資産運用保険のビジネスを通じて日々お客様をサポートしています。

アジア・太平洋地域のBNPパリバ

BNPパリバは1860年にアジア太平洋地域に進出して以来、一貫して域内有数の国際金融機関として事業活動を続けてきました。13の国と地域に1.8万人*を超える従業員を擁し、事業法人・機関投資家から個人投資家まで、お客様のニーズに合わせた商品やサービスを提供しています。ホールセール・バンキング、ウェルスマネジメント、資産運用、セキュリティーズサービス(証券管理決済業務)、保険などアジア太平洋地域の法人・機関投資家向けの業務は多岐にわたります。またリテールバンキング、個人向けファイナンスもパートナーシップを通じて提供しています。

*パートナー事業は除く