池村 真梨子(商品開発本部 クレジット商品開発部)

友人に転送友人に転送 印刷印刷

新卒採用TOP | 募集要項 | 社員インタビュー | BNPパリバの歴史 | ビジネス概要
SDGsへの取り組みとESGダイバーシティ | CSR活動社員育成と研修

 

 

池村 真梨子(商品開発本部 クレジット商品開発部)

 

入社のきっかけ

学生当時、外資系証券会社のインターンシップを複数社経験したことで、社風を比較することができました。インターンシップを通して、証券業務の現場で見せてもらったこと、また面接を通してたくさんの社員と会えて話せたことで、自分が働くイメージが作りやすかったと思います。最終的にBNPパリバを選んだ決め手は、「人」でした。BNPパリバでは、さまざまなバックグラウンドを持つ社員の方が生き生きと働き、プロフェッショナルとしても人間としても魅力を感じ、この会社でこの人たちと一緒に働きたいと思いました。

 

あなたのチーム、同僚

外資系証券会社は、個人主義的との印象を持つ人も多いかと思います。チームメンバーは、各自複数の案件を抱えておりますが、煮詰まった時には他のメンバーからアドバイスをもらうこともありますし、上司も必要に応じて案件に関わり、サポートしてくれます。また、我々のチームは全員ワーキング・ペアレントです。家族の事情で休まないといけない時には、ミーティングにおけるスピーカーや取引の執行を代わってもらうこともあります。チーム内で情報共有を徹底しているので、誰が休んでも案件が滞らない、常にバックアップできる体制が整っているチームです。

 

ワークライフバランス

日中は、お客様、セールス、トレーディング、他部署とのコミュニケーションを優先し、夕方は、海外拠点とのコミュニケーション、資料作成や新規案件の準備をします。以前は、定時を過ぎても自分が納得するまで、好きなだけ仕事に時間を費やすることができましたが、出産後は、18時までには仕事を切り上げ、子供を保育園に迎えに行きます。帰宅後は、急ぎの案件がない限り、家族と過ごす時間を優先し、やり残した業務があれば、子供が就寝後に再度仕事に取り掛かります。子供の寝顔を見ることしかできない働き方だけはしないと決めていました。チームメンバー・上司・マネージメントの理解、先輩ワーキングマザーからの励ましの言葉に助けられ、仕事と育児を両立ができています。