BNP パリバ、自社の社会的枠組みに対するコミットメント強化 - BNPパリバ
BNPパリバ ニュース & プレスリリース
2018年9月18日 - ,

BNP パリバ、自社の社会的枠組みに対するコミットメント強化

友人に転送友人に転送 印刷印刷
  • BNPパリバはUNIグローバルユニオンとの間で、職場における基本的権利および国際的な社会枠組みの創設に関連する7項目について合意を締結しました。
  • 本合意では、当グループの73か国20万名に及ぶ社員が対象となり、社員の生活の質や労働条件を大幅に向上することとなります。

BNPパリバは本日、OECDの敷地内において、フランス厚生省の代表者の立ち会いのもと、基本的権利だけでなく、労働基本権に関する国際的な社会枠組みの創設に関する合意をUNIグローバルユニオン(サービス部門における職種別組合団体)との間で締結いたしました。

本合意の締結に伴い、BNPパリバは、下記の主要テーマについて、73か国20万名に及ぶ社員を対象に、職場における基本的権利の向上だけでなく、国際的な社会枠組みの創設を推進します。

人権、社会との対話、職種別組合の権利

国際基準に適合するというBNPパリバのコミットメントを改めて明示し、社員に対する配慮や研修制度の強化を図ります。

社会的責任および環境責任:

より一層持続可能性が高く、成長を分かち合える施策を大きく進めるべく、とりわけ2020年までに組合員の有給での活動時間がグループ全体で計100万時間に達することを目指します。

雇用管理とスキル:

仕事で求められるスキルが変わりゆく中、社員と手と手を合わせてHR 2020戦略を推進するとともに、組織が変革を迎えるときには主体的な取り組みを常に支持する姿勢を改めて示します。

ジェンダー平等

これまで男性または女性が大部分を占めてきた職業に対して、ジェンダーの多様性を推進します。

ダイバーシティおよびインクルージョンの推進

ILOグローバル・ビジネス障害ネットワーク憲章のコミットメント10項目の内、少なくとも1項目を実施することをはじめとして、当グループの方針を引き続き世界中で展開します。

モラルハラスメントおよびセクシャルハラスメントの防止と根絶

あらゆる種類のハラスメントの防止および根絶を目指す当グループの方針を改めて示すこととなります。

職場における健康および生活の質

全社員を対象に、最低14週間の出産育児休暇、死亡保険、就労不能/障害保険、本項保険プランを提供します。

 

人事グループ部門責任者 Yves Martrenchar (本合意の署名者):「このたび包括的かつ意欲的な合意を締結したことにより、BNPパリバが国際的な社会枠組みの創設に向けて熱心に取り組んでいることをお示しするとともに、より一層責任感を持って社員と向き合う姿勢を鮮明にすることができました。今回の締結で、BNPパリバにおける生活の質および労働条件は向上し、グループ全体の業績を推進する原動力ともなります」

エンゲージメント部門ディレクター Antoine Sire:「今回の合意により、当グループの数多くの社員が、日常業務を通じてインクルージョンの度合いや持続可能性がより一層高い世界を目指す取り組みに貢献できる環境が整いました。BNPパリバが社会にお約束する方針の実現を大きく後押しする契機となっています」

 

今後3年間で、当グループが事業を展開する73か国の全事業所で本合意を段階的に適用していきます。また、特設の専門委員会が定期的にその遵守状況を調査します。

本合意の内容は、BNPパリバの2020エンゲージメントマニフェストおよびUNIグローバルユニオンのブレークスルー戦略計画プラン(Breaking Through Strategic Plan)に組み込まれており、スウェーデンが旗振り役となりフランスが後に加盟した国際的なグローバルディールイニシアチブ(Global Deal initiative)に向けた当グループの取り組み姿勢を鮮明にすることとなります。この取り組みでは、職種別組合団体、ILO(国際労働機関)、OECD(経済協力開発機構)の協力を得て、業績と人権の両輪を向上させることを目指しています。

この度は、幾多の話し合いや交渉を世界中で重ね、重要な事前準備にご協力を賜りました多種多様なパートナー様のおかげで、合意の締結に至りました。心より感謝申し上げます。すでに当グループでは雇用、職場におけるジェンダー平等、そしてストレス防止に関する欧州地域の合意を3つ締結しており、本合意への署名は、当グループ全体において欧州の高い水準で社会との対話を力強く進めていることを如実に物語っています。

 

※本記事は英語で発行された記事の抄訳となります。原文をご覧になる場合はこちらをクリックしてください。